>   論語   >   先進第十一   >   25(1)

先進第十一 25 子路曾晳冉有公西華侍坐章(1)

278(11-25)
1)子路。曾晳。冉有。公西華。侍坐。子曰。以吾一日長乎爾。毋吾以也。居則曰。不吾知也。如或知爾。則何以哉。
子路しろ曾晳そうせき冉有ぜんゆう公西こうせい侍坐じざす。わく、われ一日いちじつなんじよりちょうぜるをもって、われもってすることなかれ。りてはすなわわく、われらざるなり、と。あるいはなんじらば、すなわなにもってせんや。
現代語訳
  • 子路・曽晳(セキ)・冉(ゼン)有・公西華がおそばにいた。先生 ――「わしがいくらか年上だからとて、気にしなくていいよ。かねがね、『みとめてもられない』といってるが…。もしみとめられたら、どうして見せるかね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路と曾晳そうせき冉有ぜんゆう公西こうせいが先師のおそばにいたとき、先師がいわれた。――
    「私がお前たちよりいくらか先輩だからといって、なにも遠慮することはない。今日は一つ存分に話しあってみよう。お前たちは、いつも、自分を認めて用いてくれる人がないといって、くやしがっているが、もし用いてくれる人があるとしたら、いったいどんな仕事がしたいのかね」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 曾晳 … 曾子の父。姓はそう、名は点。晳はあざな
  • 冉有 … 姓はぜん、名は求。あざなは子有。孔門十哲のひとり。孔子より29歳年少。政治的才能があった。冉求、冉子とも。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 公西華 … 孔子の弟子。姓は公西こうせい、名はせきあざなは子華。公西赤とも。魯の人。儀式に通じていた。
  • 侍坐 … 孔子のそばに坐る。
  • 一日 … 少し。
  • 爾 … お前たち。「汝」と同じ。
  • 長 … 年長。先輩。
  • 以 … ~の理由で。
  • 毋吾以也 … 私に何も遠慮はいらないよ。
  • 毋 … 「なかれ」と読み、「~するな」と訳す。
  • 居 … 居常。平生へいぜい
  • 如 … 「もし~ば」と読み、「もし~ならば」と訳す。仮定条件の意を示す。
  • 何以哉 … いったいどういうことをやりたいのか。いったい何がしたいのか。いったいどんな仕事がしたいのか。
余説
  • 曾晳 … 『集解』に引く孔安国の注および『集注』には「晳は、曾参の父、名は点」(晳、曾參父、名點)とある。
  • 吾一日長乎爾。毋吾以也 … 『集解』に引く孔安国の注には「言うこころは我女に問う、女、我長ずるが故を以て、対え難しとすること無かれ」(言我問女、女無以我長故難對)とある。『集注』には「言うこころは我年少しくなんじより長ずと雖も、然れども女我が長ずるを以て言うを難しとすること勿かれ。蓋し之を誘いて言を尽くし、以て其の志を観る。而して聖人の和気謙徳、ここに於いて亦見るべし」(言我雖年少長於女、然女勿以我長而難言。蓋誘之盡言以觀其志。而聖人和氣謙德、於此亦可見矣)とある。
  • 毋吾以也 … 『義疏』では「無吾以也」に作る。
  • 居則曰。不吾知也 … 『集解』に引く孔安国の注には「女常居すれば云う、人己を知らず、と」(女常居云人不知己)とある。
  • 居則曰~則何以哉 … 『集注』には「言うこころはなんじ平居には、則ち人我を知らずと言う。如し或いは人の女を知ること有れば、則ち女まさに何を以て用を為さんや」(言女平居、則言人不知我。如或有人知女、則女將何以爲用也)とある。
  • 如或知爾。則何以哉 … 『集解』に引く孔安国の注には「如し女を用うる者有らば、則ち何を以てか治を為さんや」(如有用女者、則何以爲治)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十