>   論語   >   先進第十一   >   24

先進第十一 24 子路使子羔爲費宰章

277(11-24)
子路使子羔爲費宰。子曰。賊夫人之子。子路曰。有民人焉。有社稷焉。何必讀書。然後爲學。子曰。是故惡夫佞者。
子路しろこうをしてさいらしむ。いわく、ひとそこなわん。子路しろいわく、民人みんじんり、しゃしょくり。なんかならずしもしょみて、しかのちがくさん。いわく、ゆえ佞者ねいしゃにくむ。
現代語訳
  • 子路が子羔(コウ)を費の市長にした。先生 ――「あの青年のためになるまい。」子路 ―― 「民をおさめるし、祭りもするのです。なにも本ばかりが、学問ではないでしょう。」先生 ――「それだから口達者はイヤじゃ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路がこうを費の代官に推挙した。先師は、そのことをきいて子路にいわわた。――
    「そんなことをしたら、かえってあの青年を毒することになりはしないかね。実務につくには、まだ少し早や過ぎるように思うが」
    子路がいった。――
    「費には治むべき人民がありますし、祭るべき神々の社があります。子羔はそれで実地の生きた学問ができると存じます。なにも机の上で本を読むだけが学問ではありますまい」
    すると、先師はいわれた。――
    「そういうことをいうから、私は、口達者な人間をにくむのだ!」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 子羔 … 孔子の門人。姓はこう、名はさい。子羔はあざな。孔子に「柴や愚」と評された。ウィキペディア【高柴】参照。
  • 費 … 季氏の領地の名。季氏の本拠地。
  • 宰 … 長官。代官。
  • 賊 … そこなう。傷つける。台無しにする。
  • 夫人之子 … 「カノヒトノコ」と読む。子羔を指す。
  • 民人 … 人民。
  • 社稷 … 国家・王朝をいう。社は、土地の神。稷は、五穀の神。この二神を国の守り神として必ず祭った。双声(二字の語頭子音が同じ)語。
  • 何必読書、然後為学 … 書物を読むことだけが学問だと、どうして決められましょうか。「何必~為~」は「ナンゾ必ズシモ~センヤ」と読む。
  • 佞者 … 口先がうまい人。強弁者。佞人。「公冶長第五4」参照。
補説
  • 夫人之子 … 荻生徂徠は「之れをわかしとするの辭」と言っている(論語徴)。
  • 何必読書、然後為学 … 「書」について荻生徂徠は「『尚書』を謂ふ」と言っている(論語徴)。宮崎市定も「学問とは、何も書経を暗誦することばかりを言うのではありますまい」と訳している(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十