>   論語   >   公冶長第五   >   7

公冶長第五 7 孟武伯問章

099(05-07)
孟武伯問。子路仁乎。子曰。不知也。又問。子曰。由也。千乘之國。可使治其賦也。不知其仁也。求也何如。子曰。求也。千室之邑。百乘之家。可使爲之宰也。不知其仁也。赤也何如。子曰。赤也束帶立於朝。可使與賓客言也。不知其仁也。
もうはくう、子路しろじんなるか。いわく、らざるなり。またう。いわく、ゆうや、せんじょうくにおさめしむべきなり。じんらざるなり。きゅう何如いかんいわく、きゅうや、千室せんしつゆう百乗ひゃくじょういえこれさいたらしむべきなり。じんらざるなり。せき何如いかんいわく、せきや、束帯そくたいしてちょうち、賓客ひんかくわしむべきなり。じんらざるなり。
現代語訳
  • 孟武さんがきく、「子路はいい人ですか。」先生 ――「知りませんな。」またもきく。先生 ――「由くんは、大きな藩で、いくさ奉行ができましょう。いい人だかどうだか…。」「冉(ゼン)求はいかが…。」先生 ――「求くんは、ちょっとした町か、家老格の家で、その差配になれましょう。いい人だかどうだか…。」「公西(コウセイ)赤はいかが…。」先生 ――「赤くんは、礼服で御前に出て、お客さまの接待役ですな。いい人だかどうだか…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • もうはくが先師にたずねた。――
    「子路は仁者でございましょうか」
    先師がこたえられた。――
    「わかりませぬ」
    孟武伯は、しかし、おしかえしてまた同じことをたずねた。すると先師はいわれた。――
    ゆうは千乗の国の軍事をつかさどるだけの能力はありましょう。しかし仁者といえるかどうかは疑問です」
    「では、きゅうはいかがでしょう」
    先師はこたえられた。――
    「求は千戸の邑の代官とか、百乗の家の執事とかいう役目なら十分果たせましょう。しかし、仁者といえるかどうかは疑問です」
    せきはどうでしょう」
    先師はこたえられた。――
    「赤は式服をつけ、宮廷において外国の使臣の応接をするのには適しています。しかし、仁者であるかどうかは疑問です」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 孟武伯 … 魯の大夫。もう懿子いしの子。名はてい、武はおくりな。伯は長男を表す。ちなみに兄弟を上から順に、伯・仲・叔・季という。ウィキペディア【三桓氏】【孟武伯】(中文)参照。
  • 不知 … わかりません。さぁ、どうでしょう。
  • 由 … 姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔子より九歳年下。門人中最年長者。孔門十哲のひとり。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 千乗之国 … 諸侯の国。千乗は兵車千台。
  • 賦 … 夫役。
  • 求也 … 冉有ぜんゆうのこと。「也」は呼びかけ。冉有は孔門十哲のひとり。名は求。あざなは子有。「政事には冉有・季路」と評された。孔子より二十九歳年少。当時、季氏の執事。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 千室之邑 … 戸数千戸の町。
  • 百乗之家 … 兵車百台を出すくらいの領地をもっている卿大夫の家。
  • 宰 … 卿大夫の家の長官。
  • 赤 … 孔子の弟子。姓は公西こうせい、名はせきあざなは子華。公西華・公西赤とも。魯の人。儀式に通じていた。
  • 束帯 … 礼服にしめる帯。転じて、朝廷で礼服を着用すること。
  • 朝 … 朝廷。
  • 賓客 … 外国の客。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十