>   論語   >   衛霊公第十五   >   31

衛霊公第十五 31 子曰君子謀道不謀食章

410(15-31)
子曰。君子謀道不謀食。耕也餧在其中矣。學也禄在其中矣。君子憂道不憂貧。
いわく、くんみちはかりてしょくはからず。たがやすや、うえうちり。まなぶや、ろくうちり。くんみちうれえてひんうれえず。
現代語訳
  • 先生 ――「人物は真理をもとめ、食をもとめない。田をつくっても、それでは食えないことがある。学問をすれば、給与にありつくことがある。人物は真理を気にし、貧乏を苦にしない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子が学問をするのは道のためであって食うためではない。食うことを目的として田を耕す人でも、時には飢えることもあるし、食うことを目的としないで学問をしていても、禄がおのずからそれにともなってくることもある。とにかく、君子にとっては、食うことは問題ではない。君子はただ道の修まらないのを憂えて、決して食の乏しきを憂えないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 謀 … 熱心に求める。苦心して求める。
  • 餒 … 飢える。飢餓。
補説
  • 餒 … 宮崎市定は「餧」に改めている。詳しくは『論語の新研究』336頁以下参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十