>   論語   >   衛霊公第十五   >   37

衛霊公第十五 37 子曰事君敬其事而後其食章

416(15-37)
子曰。事君敬其事而後其食。
いわく、きみつかうるには、ことけいして、しょくのちにす。
現代語訳
  • 先生 ――「おかみにつかえるには、職務に気をくばり、給料のことはあとだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「国家のかんとしては、職責を重んじ所管事務に精励することがまず第一で、しょくろくほうきゅうなどを問題にすべきでない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君に仕えるには、恭敬の念をもって職務に精励し、食禄は第二とすべきである」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 事 … 仕える。
  • 敬 … 「つつしみて」とも読む。大切にする。(仕事に)精励する。
  • 食 … 俸禄。待遇。俸給。
  • 後 … 後まわしにする。度外視する。
補説
  • 食 … 『集注』に「食は、禄なり」(食、祿也)とある。
  • 後 … 『集注』に「後は、るを後にすの後と同じ」(後、與後獲之後同)とある。「後獲」は「雍也第六20」参照。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「先ず力を尽くし、しこうしてのちろくむ」(先盡力而後食祿)とある。
  • 『集注』に「君子の仕うるや、官守有る者は其の職を修め、言責有る者は其の忠を尽くす。皆以て吾の事を敬するのみ。先に禄を求むるの心有るべからざるなり」(君子之仕也、有官守者修其職、有言責者盡其忠。皆以敬吾之事而已。不可先有求祿之心也)とある。
  • 荻生徂徠は「王制に曰く、論定まりて然る後之を官にす。官に任じて然る後之をしゃくす。位定まりて然る後之を禄す、と。是れ其の食を後にすとは、古の礼なり」(王制曰。論定然後官之。任官然後爵之。位定然後祿之。是後其食者古之禮也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十