>   論語   >   雍也第六   >   19

雍也第六 19 子曰中人以上章

138(06-19)
子曰。中人以上。可以語上也。中人以下。不可以語上也。
いわく、ちゅうじんじょうは、もっかみかたるべきなり。ちゅうじん以下いかは、もっかみかたるべからざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「中以上の人には、高級なことをいってよい。中以下の人には、高級なことをいってはならない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「中以上の学徒には高遠精深な哲理を説いてもいいが、中以下の学徒にはそれを説くべきではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 中人 … 知能・学力が中等の人。賢者と愚者の中間の人。普通の人。孔子は人間を上中下の三種に分けて考えている。「季氏第十六9」参照。また「陽貨第十七3」で「じょう下愚かぐとはうつらず」とも言っている。
  • 上 … 高尚な道理。高遠な問題。天下・国家・天命・仁など。王粛の注に「王いわく、上は上知の知る所を謂うなり」(王曰、上謂上知之所知也)とある。また、宮崎市定は「中人が主語となっている以上、上は上人と解するのが自然であろう」といい、この章を「普通以上の人間ならば、一流の人物の価値が理解できる。普通以下の人間には、全然分かりっこない」と訳している(『論語の新研究』)。
  • 語 … 「ぐ」とも読む。『集注』に「語は、告ぐなり」(語、告也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十