>   論語   >   公冶長第五   >   23

公冶長第五 23 子曰孰謂微生高直章

115(05-23)
子曰。孰謂微生高直。或乞醯焉。乞諸其鄰而與之。
わく、たれせいこうちょくなりとうや。あるひとけいう。これとなりいてこれあたえたり。
現代語訳
  • 先生 ――「微生高が実直だって…。人が酢を借りにゆくと、となりから借りてきてやったのに。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「いったい誰がせいこうを正直者などといいだしたのだ。あの男は、ある人にを無心され、それを隣からもらって与えたというではないか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 孰謂 … 「たれか~というや」と読み、「いったい誰が~と言うのか」と訳す。
  • 微生高 … 魯の人。姓は微生、名は高。正直者として有名。尾生高とも。故事成語「尾生の信」参照。
  • 直 … 正直な人。まっすぐな人。
  • 或 … 「あるひと」と読む。
  • 醯 … 酢。
余説
  • 或乞醯焉 … 『義疏』では「或人乞醯焉」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十