>   論語   >   憲問第十四   >   36

憲問第十四 36 或曰以德報怨何如章

368(14-36)
或曰。以德報怨。何如。子曰。何以報德。以直報怨。以德報德。
あるひといわく、とくもっうらみにむくゆる。何如いかんいわく、なにもっとくむくいん。なおきをもっうらみにむくい、とくもっとくむくいん。
現代語訳
  • だれかがいう、「にくいやつによくしてやるのは、どうです…。」先生 ――「それではよい人にどうする…。にくい人にも公平にし、よい人にはよくすること。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ある人がたずねた。――
    「怨みに報いるに徳をもってしたら、いかがでございましょう」
    先師がこたえられた。――
    「それでは徳に報いるのには、何をもってしたらいいかね。怨みには正しさをもって報いるがいいし、徳には徳をもって報いるがいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 或 … 「あるひと」と読む。
  • 徳 … ここでは恩恵。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十