>   論語   >   雍也第六   >   17

雍也第六 17 子曰人之生也直章

136(06-17)
子曰。人之生也直。罔之生也。幸而免。
いわく、ひとくるやなおし。これみしてくるや、さいわいにしてまぬかるるのみ。
現代語訳
  • 先生 ――「人生はまっすぐなもの。よこしまな生活は、ただまぐれハズれ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「人間というものは、本来、正直に生れついたものだ。それを無視して生きていられるのは、決して天理にかなっていることではない。偶然に天罰を免れているに過ぎないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 人之生也直 … 『義疏』では「人生也直」に作る。
  • 直 … まっすぐ。正直。劉寶楠『論語正義』には「蓋し直は、誠なり」(蓋直者、誠也)とある。
  • 罔 … 無い。朱子は「罔は、直からざるなり」(罔、不直也)といっている。
  • 幸 … 僥倖。
  • 免 … 禍を免れる。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十