>   論語   >   季氏第十六   >   4

季氏第十六 4 孔子曰益者三友章

424(16-04)
孔子曰。益者三友。損者三友。友直。友諒。友多聞。益矣。友便辟。友善柔。友便佞。損矣。
こうわく、益者えきしゃ三友さんゆう損者そんしゃ三友さんゆうちょくともとし、りょうともとし、ぶんともとするは、えきなり。便辟べんぺきともとし、ぜんじゅうともとし、便佞べんねいともとするは、そんなり。
現代語訳
  • 孔先生 ――「よい友だちが三つ、わるい友だちが三つある。まっすぐな人、すなおな人、チエのある人は、よい友だち。ずるい人、にやけた人、知ったかぶりの人は、わるい友だちだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子の申すよう、「益友が三種類、損友が三種類あります。直言してかくすところなき者を友とし、信実にして裏表なき者を友とし、博学多識な者を友とするのは、益であります。体裁ていさいばかり飾ってそっちょくでない者を友とし、顔つきだけをよくするへつらい者を友とし、口先ばかりで腹のない者を友とするのは、損であります。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「益友に三種、損友に三種ある。直言する人、信実な人、多識な人、これが益友である。形式家、盲従者、口上手、これが損友である」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 益者三友 … 交際して自分の益となる三種類の友。「益」はプラスになる。
  • 損者三友 … 交際して自分の害となる三種類の友。「損」はマイナスになる。
  • 直 … 直言する。正直な人。
  • 諒 … 思いやりがある。誠実な人。
  • 多聞 … 見聞が広い。物知り。
  • 便辟 … 体裁をつくって正直でないこと。
  • 善柔 … 愛想がよいだけの人。
  • 便佞 … 口先だけでうまいことを言う人。
余説
  • 便辟 … 『集解』に引く馬融の注には「便辟は、巧みに人の忌む所をけ、以てようを求む」(便辟、巧辟人之所忌、以求容媚)とある。「容媚」は、とりいり、へつらうこと。
  • 善柔 … 『集解』に引く馬融の注には「面柔なり」(面柔也)とある。「面柔」は、顔色を和らげて人を誘うこと。
  • 便佞 … 『集解』に引く鄭玄の注には「便は、弁なり。ねいにして弁ずるを謂う」(便、辯也。謂佞而辨)とある。
  • 『集注』には「直を友とすれば、則ち其の過ちを聞く。諒を友とすれば、則ち誠に進む。多聞を友とすれば、則ち明に進む。便は、習熟なり。便辟は、威儀に習いて直ならざるを謂う。善柔は、えつに工にして諒ならざるを謂う。便佞は、口語に習いて聞見の実無きを謂う。三者損益は、正に相反するなり」(友直、則聞其過。友諒、則進於誠。友多聞、則進於明。便、習熟也。便辟、謂習於威儀而不直。善柔、謂工於媚悦而不諒。便佞、謂習於口語而無聞見之實。三者損益、正相反也)とある。
  • 『集注』に引く尹とんの注には「天子より庶人に至るまで、未だ友をちて以て成らざる者有らず。而れども其の損益くのごとき者有り。謹まざる不けんや」(自天子至於庶人、未有不須友以成者。而其損益有如是者。可不謹哉)とある。
  • 伊藤仁斎は「人の朋友に於ける、関係する所甚だ大なり。益する所ここに在り、損する所も亦たここに在り。益友は常情のはばかる所、然れども之を友とすれば則ち益有り。損友は常情の悦ぶ所、然れども之を友とすれば必ず損有り。慎まざるべけんや」(人之於朋友、所關係甚大矣。所益在茲、所損亦在茲。益友常情之所憚、然友之則有益。損友常情之所悦、然友之必有損。可不愼乎)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「諒を友とし、諒・良同じ。子諒の諒のごとし。直を友とするときは則ち其の過ちを聞く。直を友とするときは則ち其の材を観る。多聞を友とするときは則ち其の知を広む。便辟、馬融曰わく、巧みに人の忌む所を辟けて、以て容媚を求む、と。善柔、馬融曰わく、面柔なり、と。便佞、鄭玄曰わく、便は弁なり。佞にして弁なるを謂うなり、と。古文辞は必ず古註をちて明らかなり。便辟は当に去声なるべし。便佞、説文に論語を引きて諞佞べんねいに作る」(友諒。諒良同。如子諒之諒。友直則聞其過。友直則觀其材。友多聞則廣其知。便辟。馬融曰。巧辟人之所忌、以求容媚。善柔。馬融曰。面柔也。便佞。鄭玄曰。便辨也。謂佞而辨也。古文辭必須古註而明矣。便辟當去聲。便佞。説文引論語作諞佞)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十