>   論語   >   公冶長第五   >   24

論語 公冶長第五 24

05-24 子曰。巧言令色足恭。左丘明恥之。丘亦恥之。匿怨而友其人。左丘明恥之。丘亦恥之。
いわく、巧言こうげん令色れいしょく足恭すうきょうなるは、左丘明さきゅうめいこれず。きゅうこれず。うらみをかくしてひとともとするは、左丘明さきゅうめいこれず。きゅうこれず。
  • 巧言令色 … 言葉を巧みに飾り、うわべだけ愛想をよくして、うまく取りつくろうこと。「学而3」 「陽貨17」参照。
  • 足恭 … 「足」は「すう」と発音する。度を過ぎたうやうやしさ。過度の慇懃。朱子は「足は、過なり」(足、過也)といっている。
  • 左丘明 … 姓は左丘、名が明。人物については不明。孔子の先輩と思われる。『春秋左氏伝』の著者である左丘明とは別人であろう。
  • 匿 … 心の中に深く隠すこと。
  • 丘 … 孔子の名。
  • 宮崎市定は「子曰く、猫なで声、ついしょう笑い、揉み手割り腰は、左丘明の恥ずる所であったし、この私も恥とする。敵意を抱きながら親友らしく付合うのは、左丘明の恥ずる所であったし、この私も恥とする」と訳している(論語の新研究)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。言葉たくみに、顔色をやわらげて人の機嫌をとり、度をこしてうやうやしく振舞うのを、左丘明さきゅうめいは恥じていたが、私もそれを恥じる。心に怨みをいだきながら、表面だけいかにも友達らしく振舞うのを、左丘明は恥じていたが、私もそれを恥じる」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十