>   故事成語   >   さ行   >   助長

助長

助長じょちょう
  • 出典:『孟子』公孫丑上
  • 解釈:余計な助力をして、かえってそれをそこなうこと。
宋人有閔其苗之不長而揠之者。芒芒然歸、謂其人曰、今日病矣。予助苗長矣。其子趨而往視之、苗則槁矣。
宋人そうひとなえちょうぜざるをうれえて、これものり。芒芒然ぼうぼうぜんとしてかえり、ひといていわく、今日こんにちつかる。われなえたすけてちょうぜしむ、と。はしりてきてこれれば、なえすなわれたり。
  • 宋人 … 宋の国の人。
  • 閔 … 心配する。
  • 揠 … ひっぱって伸ばす。
  • 芒芒然 … 疲れてぼんやりするさま。
  • 其人 … その家の人。
  • 病る … 疲れる。
  • 其子 … 宋人の子。
  • 槁 … 枯れる。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ