>   故事成語   >   あ行   >   屋下に屋を架す

屋下に屋を架す

屋下おくかおく
  • 出典:『世説新語』文学、『顔氏家訓』序致
  • 解釈:屋根の下にさらに屋根をつける。無駄なことを重ねてすることのたとえ。屋上屋を架す。
〔世説新語、文学〕
庾仲初作揚都賦成、以呈庾亮。亮以親族之懷、大爲其名價云、可三二京、四三都。於此人人競寫、都下紙爲之貴。謝太傅云、不得爾。此是屋下架屋耳。事事擬學、而不免儉狹。
庾仲初ゆちゅうしょ揚都ようとつくりてり、もっ庾亮ゆりょうていす。りょう親族しんぞくかいもって、おおいに名価めいかしてう、二京にけいさんとし、三都さんととすし、と。ここいて人人ひとびときそいてうつし、都下とかかみこれためたっとし。謝太傅しゃたいふう、しかるをず。これ屋下おくかおくするのみ。事事じじ擬学ぎがくして倹狭けんきょうたるをまぬがれず、と。
  • 擬学 … 模倣する。
  • 倹狭 … 心がせまい。
〔顔氏家訓、序致〕
夫聖賢之書、教人誠孝、愼言檢迹、立身揚名、亦已備矣。魏、晉已來、所著諸子、理重事複、遞相模斅、猶屋下架屋、牀上施牀耳。
聖賢せいけんしょは、ひと誠孝せいこうなること、げんつつしあとけみすること、ぐることをおしえ、すでそなわれり。しん已来いらいあらわところ諸子しょしは、ことわりかさなりふくし、たがいあい模斅もこうすること、屋下おくかおくし、牀上しょうじょうしょうほどこすがごときのみ。
  • 牀上 … ベッドの上。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ