>   故事成語   >   た行   >   蛇足

蛇足

蛇足だそく
  • 出典:『戦国策』斉策上
  • 解釈:よけいなもの。
楚有祠者。賜其舎人巵酒。舎人相謂曰、數人飮之不足、一人飮之有餘。請畫地爲蛇、先成者飮酒。
まつものり。舎人しゃじん巵酒ししゅたまう。舎人しゃじんあいいていわく、数人すうにんこれめばらず、一人いちにんこれめばあまり。えがいてへびし、らんものさけまん。
  • 祠者 … 神霊を祭る人。
  • 舎人 … 門人。食客。
  • 巵酒 … さかずきについだ酒。
一人蛇先成。引酒且飮之。乃左手持巵、右手畫蛇曰、吾能爲之足。未成、一人之蛇成。奪其巵曰、蛇固無足。子安能爲之足。遂飮其酒。爲蛇足者、終亡其酒。
一人いちにんへびる。さけいてまさこれまんとす。すなわ左手さしゅち、右手ゆうしゅへびえがいていわく、われこれあしさん。いまらざるに、一人いちにんへびる。うばっていわく、へびもとよりあしし。いずくんぞこれあしさん。ついさけむ。へびあしものついさけうしなえり。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ