>   故事成語   >   か行   >   杞憂

杞憂

杞憂きゆう
  • 出典:『列子』天瑞
  • 解釈:取り越し苦労。杞の国の人が、天が落ちてこないかと心配したという故事から。
杞國、有人憂天地崩墜、身亡所寄、廢寢食者。又有憂彼之所憂者。
くにに、ひと天地てんち崩墜ほうついして、するところきをうれえ、寝食しんしょくはいするものり。またかれうれうるところうれうるものり。
  • 杞の国 … 周代の国名。今の河南省杞県にあった。
因徃曉之曰、天積氣耳、亡處亡氣。若屈伸呼吸、終日在天中行止。奈何憂崩墜乎。
ってきてこれさとしていわく、てん積気せっきのみ、ところとしてきはし。屈伸くっしん呼吸こきゅうごときは、終日しゅうじつ天中てんちゅうりて行止こうしす。奈何いかん崩墜ほうついうれえんやと。
  • 暁 … 諭す。
  • 積気 … 大気の集まり。
  • 行止 … 行動する。
其人曰、天果積氣、日月星宿不當墜耶。曉之者曰、日月星宿亦積氣中之有光耀者。只使墜、亦不能有所中傷。
ひといわく、てんたして積気せっきならば、日月じつげつ星宿せいしゅくまさつべからざるかと。これさとものいわく、日月じつげつ星宿せいしゅくまた積気中せっきちゅう光耀こうようものなり。たといちしむるも、またあたやぶところあたわじと。
  • 星宿 … 星座。
  • 光耀 … 光り輝くこと。
  • 中り傷る … 当たって怪我をする。
其人曰、奈地壞何。曉者曰、地積塊耳。充塞四虚、亡處亡塊。若躇歩跐蹈、終日在地上行止。奈何憂其壞。
ひといわく、くずるるを奈何いかんせんと。さとものいわく、積塊せっかいのみ。四虚しきょ充塞じゅうそくし、ところとしてかたまりきはし。躇歩ちょほ跐蹈しとうするがごときは、終日しゅうじつ地上ちじょうりて行止こうしす。奈何いかんくずるるをうれえんと。
  • 積塊 … 積み重なった土塊。
  • 四虚 … 四方の空間。
  • 躇歩跐蹈 … 足を地に踏みつけて歩く。
其人舍然大喜、曉之者亦舍然大喜。
ひと舎然せきぜんとしておおいによろこび、これさとものまた舎然せきぜんとしておおいによろこぶ。
  • 舎然 … 疑いや迷いがすっかりなくなるさま。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ