>   故事成語   >   か行   >   夏炉冬扇

夏炉冬扇

夏炉かろ冬扇とうせん
  • 出典:『論衡』逢遇
  • 解釈:季節はずれで役にたたないもののたとえ。「夏のいろり、冬の扇」の意から。
作無益之能、納無補之説、以夏進鑪、以冬奏扇。爲所不欲得之事、獻所不欲聞之語。其不遇禍、幸矣。何福祐之有乎。
無益むえきのうし、おぎなきのせつれ、なつもっすすめ、ふゆもっせんすすむるなり。んことをほっせざるところことし、かんことをほっせざるところけんず。わざわいにわざるはさいわいなり。なん福祐ふくゆうらん、と。
  • 福祐 … 神の助けと恵み。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ