>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   辺詞(張敬忠)

辺詞(張敬忠)

邊詞へん
ちょうけいちゅう     
  • 七言絶句。遲・絲・時(平声支韻)。
  • 『全唐詩』巻75所収。ウィキソース「邊詞」参照。
  • 辺詞 … 辺境の歌。
  • 張敬忠 … 生没年不詳。初唐の詩人。出身地不明。監察御史のとき、将軍ちょう仁悳じんとくに認められ、北辺の地に出陣して信任を受けた。のちに吏部りぶろうちゅうとなる。開元七年(719)にへい節度使に任命された。今に伝えられる詩はわずか二首のみ。
五原春色舊來遲
げん春色しゅんしょく きゅうらいおそ
  • 五原 … 現在の内モンゴル自治区五原県付近。ウィキペディア【五原県】参照。
  • 春色 … 春の訪れ。
  • 旧来 … 以前から。もともと。
  • 遅 … (春の訪れが)遅い所である。
二月垂楊未掛絲
がつ 垂楊すいよう いまいとけず
  • 二月 … 陰暦二月。春の盛り。
  • 垂楊 … しだれ柳。
  • 掛糸 … 柳の糸のような枝が芽吹いて垂れること。
  • 掛 … 『全唐詩』では「挂」に作る。
即今河畔冰開日
即今そっこん はん こおりひらくの
  • 即今 … ただいま。
  • 河畔 … 黄河のほとり。
  • 冰開 … 氷が解けること。「冰」は氷の異体字。
正是長安花落時
まさちょうあん はなつるのとき
  • 正是 … ちょうど~である。
  • 花落時 … 花が散っている時分だ。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行