>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   塞上曲二首 其二(王烈)

塞上曲二首 其二(王烈)

塞上曲二首 其二
塞上曲さいじょうのきょく二首 其二)
王烈おうれつ
  • 七言絶句。閒・山・顏(平声刪韻)。
孤城夕對戍樓閒
じょう ゆうべに戍楼じゅろうたいしてしずかなり
  • 戍楼 … ものみやぐら。
廻合青冥萬仞山
廻合かいごうす 青冥せいめい 万仞ばんじんやま
  • 廻合 … とり囲んでいること。
  • 青冥 … 青空。
  • 万仞 … 山などが非常に高いこと。一仞は七尺(もしくは八尺)。「仞」は「仭」に作るテキストもある。異体字。
明鏡不須生白髮
めいきょうもちいず 白髪はくはつしょうずるを
風沙自解老紅顏
風沙ふうさ おのずから紅顔こうがんいしむ
  • 風沙 … 風にまきあげられる砂ぼこり。
  • 自解老紅顏 … 「おのずからかいす 紅顔こうがんゆることを」とも読む。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行