>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   芙蓉楼送辛漸(王昌齢)

芙蓉楼送辛漸(王昌齢)

芙蓉樓送辛漸ようろうにて辛漸しんぜんおくる)
王昌齢おうしょうれい     
  • 七言絶句。呉・孤・壺(平声虞韻)。
  • 『全唐詩』巻143所収。『唐詩三百首』七言絶句所収。ウィキソース「芙蓉樓送辛漸二首 其一」参照。
  • 芙蓉楼 … 現在の江蘇省鎮江の西北隅にあった高楼。
  • 辛漸 … 王昌齢の友人。人物については不明。
  • 芙蓉樓送辛漸 …『全唐詩』では「芙蓉樓送辛漸二首 其一」に作る。『文苑英華』では「芙蓉樓送辛漸長」に作り、第二首のみ収録。
  • 王昌齢 … 698~755。盛唐の詩人。京兆の人。あざなは少伯。高適・岑参とともに辺塞詩人のひとり。ウィキペディア【王昌齢】参照。
寒雨連江夜入呉
かん こうつらなって よる 
  • 寒雨 … 冷たい雨。
  • 連江 … 冷たい雨が揚子江の上に降りしきり、雨と揚子江の水面との境い目がはっきりしない様子。「江」は揚子江。
  • 江 … 『全唐詩』では「天」に作る。
  • 呉 … 蘇州や鎮江あたりの地。江蘇省東南部の総称。『全唐詩』では「湖」に作る。
  • 服部南郭『唐詩選国字解』には「われ今左遷の身で、雨ふりのさむいじぶんに、雨にうたれながら、川ばた通りを、夜る楚國より呉國へゆく」とある。『漢籍国字解全書』第10巻(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
平明送客楚山孤
平明へいめい かくおくれば ざん なり
  • 平明 … 夜明けがた。
  • 客 … 旅人。辛漸を指す。
  • 楚山 … 鎮江の北、揚子江対岸の山を指していると思われる。
  • 孤 … ぽつんと一つ見える。
洛陽親友如相問
洛陽らくよう親友しんゆう あいわば
  • 洛陽 … 今の河南省洛陽市。唐代の副都として栄えた。東都とも呼ばれた。ウィキペディア【洛陽市】参照。
  • 親友 … 洛陽の友人たち。
  • 如 … 「もし~ば」と読み、「もし~ならば」と訳す。仮定条件の意を示す。
  • 相問 … (洛陽の友人たちが)もし君に私のことを尋ねたら。
  • 相 … この場合の相は「相互に」という意味ではなく、動作に相手があるときにつける言葉。
一片冰心在玉壺
一片いっぺんひょうしん ぎょっ
  • 一片 … ひとかけらの。
  • 氷心 … 氷のように清く澄み切った心。「冰」は氷の異体字。
  • 玉壺 … はくぎょくで作った美しい壺。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行