>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   閨怨(王昌齢)

閨怨(王昌齢)

閨怨閨怨けいえん
王昌齢おうしょうれい     
  • 七言絶句。愁・樓・侯(平声尤韻)。
  • 王昌齢 … 698~755。盛唐の詩人。京兆の人。あざなは少伯。高適・岑参とともに辺塞詩人のひとり。ウィキペディア【王昌齢】参照。
閨中少婦不知愁
閨中けいちゅう少婦しょうふ うれいをらず
  • 閨中 … 婦人の部屋の中。
  • 少婦 … 若妻。『新唐詩選』(岩波新書)等では「下町の平凡な女」とするが、張明澄『間違いだらけの漢文』(久保書店)では「この若妻が『樓』のある家に住めるからには、あきらかにちょっとしたお金もちであり、けっして下町の女ではない」と指摘している。
  • 知 … 『全唐詩』等では「曾」に作る。
春日凝粧上翠樓
春日しゅんじつ よそおいをらして翠楼すいろうのぼ
  • 凝粧 … 『新唐詩選』(岩波新書)等では「あつ化粧」とするが、『間違いだらけの漢文』(久保書店)では「『丹念に化粧する』『念入りに化粧する』『化粧に多く気を使う』などの意味であり、決して『あつ化粧』ではない」と指摘している。
  • 翠楼 … 青く塗った高殿。青楼に同じ。「妓楼」という意味もあるが、ここではその意味ではない。
忽見陌頭楊柳色
たちまる 陌頭はくとう ようりゅういろ
  • 陌頭 … 道ばた。
  • 楊柳 … やなぎ。
悔教夫壻覓封侯
ゆらくは 夫壻ふせいをして封侯ほうこうもとめしめしを
  • 夫壻 … 夫。わが夫。
  • 封侯 … 諸侯として封ずる。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行