>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   従軍行三首 其三(王昌齢)

従軍行三首 其三(王昌齢)

從軍行三首 其三
従軍行じゅうぐんこう三首 其の三
王昌齢おうしょうれい
  • 七言絶句。關・還・山(平声刪韻)。
  • 從軍行三首 其三 … 『全唐詩』では「出塞二首 其一」に作る。
  • 王昌齢 … 698~755。盛唐の詩人。京兆の人。あざなは少伯。高適・岑参とともに辺塞詩人のひとり。ウィキペディア【王昌齢】参照。
秦時明月漢時關
秦時しんじ明月めいげつ 漢時かんじかん
  • 秦時 … 秦の時代。
  • 漢時 … 漢の時代。
  • 関 … 関所。
  • 秦時明月漢時關 … 解釈に二説ある。底本(『箋註唐詩選』)の「明月は関名なり」とする説より、「月が関所を照らしているのは秦漢以来の普遍的光景である」とする説のほうがよかろう。
萬里長征人未還
ばん 長征ちょうせいして ひといまだかえらず
  • 長征人 … 『全唐詩』には「一作征夫尚」とある。
但使龍城飛將在
ただ竜城りゅうじょう飛将ひしょうをしてあらしめば
  • 竜城 … 匈奴の築いた砦。
  • 飛将 … 前漢の武将、李広(?~前119)。匈奴から飛将軍といって恐れられた。
不教胡馬度陰山
胡馬こばをして陰山いんざんわたらしめず
  • 胡馬 … えびすの馬。
  • 陰山 … 今の綏遠すいえん省の砂漠に連なる山脈。漢と匈奴の境となっていた。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行