>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   従軍行三首 其一(王昌齢)

従軍行三首 其一(王昌齢)

從軍行三首 其一
従軍行じゅうぐんこう三首 其の一
王昌齢おうしょうれい
  • 七言絶句。樓・秋・愁(平声尤韻)。
  • 從軍行三首 其一 … 『全唐詩』では「從軍行七首 其一」に作る。
  • 王昌齢 … 698~755。盛唐の詩人。京兆の人。あざなは少伯。高適・岑参とともに辺塞詩人のひとり。ウィキペディア【王昌齢】参照。
烽火城西百尺樓
烽火城ほうかじょう西せい 百尺ひゃくせきろう
  • 烽火城 … のろしをあげる要塞。
黄昏獨坐海風秋
黄昏こうこん ひとす 海風かいふうあき
  • 黄昏 … たそがれ。
  • 坐 … 『全唐詩』では「上」に作り、「一作坐」とある。
  • 海風 … 青海(ココノール湖)から吹いてくる風。
更吹羌笛關山月
さらきょうてきく 関山月かんざんげつ
  • 羌笛 … 羌族が吹く笛のこと。羌族はチベット系異民族。
  • 羌 … 『全唐詩』では「一作横」とある。
  • 関山月 … 笛の曲名。ここでは、この曲名と月明りのもとで笛を吹くことをかけている。
無那金閨萬里愁
いかんともするし 金閨きんけいばんうれ
  • 無那 … 『全唐詩』では「一作誰解」とある。
  • 金閨 … 愛する女性の美しい部屋。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行