>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   送薛大赴安陸(王昌齢)

送薛大赴安陸(王昌齢)

送薛大赴安陸
薛大せつだい安陸あんりくおもむくをおく
王昌齢おうしょうれい
  • 七言絶句。山・顏・關(平声刪韻)。
  • 薛大 … 薛は姓。大は排行第一番目。
  • 安陸 … 現在の湖北省安陸県。
  • 王昌齢 … 698~755。盛唐の詩人。京兆の人。あざなは少伯。高適・岑参とともに辺塞詩人のひとり。ウィキペディア【王昌齢】参照。
津頭雲雨暗湘山
津頭しんとう雲雨うんう 湘山しょうざんくら
  • 津頭 … 渡し場のほとり。
  • 湘山 … 洞庭湖の中にある山。別名君山。
遷客離憂楚地顏
遷客せんかく うれいにかかる 楚地そちかんばせ
  • 遷客 … 左遷されて流れてきた人。王昌齢自身を指す。
  • 離憂 … 憂いにあうこと。屈原の故事による。『楚辞』九歌、山鬼参照。
  • 楚地 … 楚の国の人。
  • 楚地顏 … 「漁父の辞」に「顔色憔悴し、形容枯槁す」とあるのをふまえる。『楚辞』漁父参照。
遙送扁舟安陸郡
はるかに扁舟へんしゅうおくる 安陸郡あんりくぐん
  • 扁舟 … 小舟。
天邊何處穆陵關
天辺てんぺんいずれのところか 穆陵関ぼくりょうかん
  • 穆陵関 … 関所の名。安陸県の東北にあった。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行