>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   勧酒(于武陵)

勧酒(于武陵)

勸酒さけすすむ)
りょう     
  • 五言絶句。巵・辭・離(平声支韻)。
  • 勧酒 … この詩は、『全唐詩』巻595、于武陵の詩として収録されているほか、巻600、武瓘ぶかんの詩としても収録されている。字句に異同はない。
  • 于武陵 … 810~?。晩唐の詩人。杜曲(陝西せんせい省)の人。名はぎょう。武陵はあざな。進士となったが、書物と琴を携えて各地を放浪。のち、嵩山の南に隠棲した。『于武陵集』一巻がある。ウィキペディア【于武陵】参照。
勸君金屈巵
きみすすむ きんくっ
  • 金屈卮 … 曲がった把手とってのついた黄金のおおさかずきで、四升入るという。「巵」は「卮」の異体字。
滿酌不須辭
まんしゃく するをもちいず
  • 満酌 … さかずきになみなみと酒をつぐこと。
  • 不須 … 「~(する)をもちいず」と読み、「~する必要はない」と訳す。
  • 辞 … 辞退。
花發多風雨
はなひらいて ふうおお
  • 花発 … 花が開く。花が咲く。
  • 風雨 … 風や雨。
人生足別離
人生じんせい べつ
  • 人生 … 人の生涯。
  • 別離 … 別れ。
  • 足 … 多い。
余説
この詩には井伏鱒二の名訳がある。
 コノサカヅキヲ受ケテクレ
 ドウゾナミナミツガシテオクレ
 ハナニアラシノタトヘモアルゾ
 「サヨナラ」ダケガ人生ダ
   (井伏鱒二『厄除け詩集』)
なお、「ハナニアラシノタトヘ」とは「月に叢雲むらくも、花に風(=嵐)」のこと。とかく物事には邪魔が起こりやすいことのたとえ。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行