>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   古別離(孟郊)

古別離(孟郊)

古別離
べつ
孟郊もうこう
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻六、『全唐詩』巻三百七十二、他
  • 五言絶句。處・去(去聲御韻)。
  • ウィキソース「古別離 (孟郊)」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』(巻二十六、雜曲歌辭、聶夷中)に重出。また、『全唐詩』(巻六百三十六、聶夷中)にも重出し、題下に「一作孟郊詩」とある。
  • 孟郊 … 751~814。中唐の詩人。湖州武康(浙江省)の人。あざなとう。貞元十二年(796)、進士に及第。溧陽りつよう(江蘇省)の尉となったが、のちに辞任した。韓愈とは生涯親しかった。『孟東野集』十巻がある。ウィキペディア【孟郊】参照。
欲別牽郎衣
わかれんとほっしてろう
郎今到何處
ろういま いずれのところにかいた
  • 郎今到 … 『全唐詩』(卷26、雜曲歌辭、聶夷中)、『全唐詩』(卷636、聶夷中)では「問郎遊」に作る。
  • 到 … 『唐詩別裁集』では「向」に作る。
不恨歸來遲
かえきたることのおそきをうらみず
  • 來 … 『全唐詩』(卷26、雜曲歌辭、聶夷中)、『全唐詩』(卷636、聶夷中)では「日」に作る。
莫向臨邛去
りんきょうむかってることかれ
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行