>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   宮中題(文宗皇帝)

宮中題(文宗皇帝)

宮中題
宮中きゅうちゅうにてだい
文宗皇帝ぶんそうこうてい
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻六、『全唐詩』巻四、『万首唐人絶句』巻八(内閣文庫蔵)、『唐詩品彙』巻四十三、『唐詩別裁集』巻十九、他
  • 五言絶句。枝・知(平声支韻)。
  • ウィキソース「宮中題」参照。
  • 題 … 詩を作って、壁などに書きつけること。
  • 文宗皇帝 … 809~840。在位826~840。姓は李、名はこう穆宗ぼくそうの次男。はじめ江王にほうぜられたが、兄の敬宗が宦官のりゅう克明こくめいによって毒殺されると、宦官のおうしゅちょうらに擁立され、克明を殺して帝位についた。大和九年(835)、宰相くんらと「甘露の変」と呼ばれる宦官に対するクーデターを計画したが、失敗に終わった。その後は宦官のきゅうりょうがかえって政治の実権を牛耳ることとなり、文宗は失意のまま、開成五年(840)、三十三歳の若さで崩じた。ウィキペディア【文宗 (唐)】参照。
輦路生春草
れん しゅんそうしょう
  • 輦路 … 天子の車の通る道。輦道。「輦」は天子の乗物。
  • 春 … 『唐詩選』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「秋」に作る。『全唐詩』では「春」に作り、「一作秋」とある。『万首唐人絶句』でも「春」に作る。承句との関連上、「春」の方がよいので改めた。
  • 草 … 『万首唐人絶句』では「艸」に作る。同義。
上林花滿枝
じょうりん はな えだ
  • 上林 … 漢代の御苑、上林苑のこと。ここでは唐の御苑に喩える。
  • 満枝 … 『全唐詩』では「発時」に作り、「一作満枝」とある。『万首唐人絶句』では「発時」に作る。こちらは「花が開く時」の意。
憑高何限意
たかきにる げん
  • 憑高 … 高い所に登って見渡せば。「憑」は、寄りかかること。
  • 何限 … 「何ぞ限りあらん」と訓読できる。限りないこと。際限がないこと。
  • 意 … 胸中の思い。感慨。
無復侍臣知
しん
  • 無復侍臣知 … その思いを知ってくれる近侍の家来は一人もいない。
  • 無復 … 「また~なし」と読み、「もう~するものはいない」と訳す。
  • 侍臣 … 君主のそば近くに仕える家臣。近侍。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行