>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   酬趙二侍御使西軍贈両省旧寮之作(張九齢)

酬趙二侍御使西軍贈両省旧寮之作(張九齢)

酬趙二侍御使西軍贈兩省舊寮之作
ちょうぎょの「西軍せいぐん使つかいして両省りょうしょう旧寮きゅうりょうおくる」のさくむく
ちょうきゅうれい
  • 五言排律。同・雄・空・風・功・中・戎・躬(平声東韻)。
  • 『全唐詩』巻四十九所収。ウィキソース「酬趙二侍御使西軍贈兩省舊僚之作」参照。
  • 趙二 … 趙某。「二」は排行。趙二とは、ちょうえつと交遊があり、張説と同じく岳州に流されていたちょうとうと推定される。趙冬曦については、ウィキペディア【趙冬曦】(中文)参照。
  • 侍御 … 官名。侍御史。宮中の文書をつかさどり、官吏の違法を摘発する検察官のこと。詩題では「侍御史」を「侍御」と略称するのが一般的である。
  • 西軍 … 西方派遣軍。隴西の軍。
  • 使 … 底本では「史」に作るが、『全唐詩』に従い改めた。
  • 両省 … 門下・中書の二省を指す。
  • 旧寮 … もとの同僚。『全唐詩』では「旧僚」に作る。同義。
  • 酬 … お返しをする。ここでは趙侍御が詩を作って贈ってきたので、作者がこの詩を作って答えたもの。
  • 張九齢 … 673~740。初唐の詩人。あざな寿じゅ韶州しょうしゅうきょっこう(広東省)の人。長安二年(702)、進士に及第。玄宗に仕えて中書令(宰相)となったが、りん讒言ざんげんによりけいしゅう(湖北省江陵)に長史(副官)として左遷された。『曲江張先生集』二十巻がある。ウィキペディア【張九齢】参照。
石室先鳴者
石室せきしつ 先鳴せんめいもの
  • 石室 … 侍御史の役所である御史台の別名。漢代、宮中の書庫を蘭台石室と呼び、御史中丞に管理させたことに基づく。
  • 先鳴 … 人に先だって名をあらわすこと。趙侍御を指す。『春秋左氏伝』じょうこう二十一年に「平陰へいいんえきにて、二子にしさきんじてく」(平陰之役、先二子鳴)とある。ウィキソース「春秋左氏傳/襄公」参照。
金門待制同
金門きんもん 待制たいせいおな
  • 金門 … 漢代、宮中にあった金馬門のこと。詔勅の下るのを待つ者の詰所があった。
  • 待制 … 詔勅の下るのを待つこと。待詔。唐代では科挙に合格した者がはじめて出仕すること。
  • 同 … 私といっしょの仲であった。このことから、作者と趙侍御とは進士の及第がいっしょであったことが分る。
操刀常願割
かたなりてはつねかんことをねが
  • 操刀常願割 … 包丁を使って肉をうまく切りたいと思う。地方行政に手腕を発揮したいと希望することに喩える。『春秋左氏伝』襄公三十一年に「いま吾子ごしひとあいするは、すなわまつりごともってす。いまかたなることあたわずしてかしむるがごときなり。きずつくることまことおおからん」(今吾子愛人、則以政。猶未能操刀而使割也。其傷實多)とある。ウィキソース「春秋左氏傳/襄公」参照。また、晋の潘岳はんがくの「西征の賦」(『文選』巻十)に「獫狁けんいんみつし、じゅうこうしょうず。しかしてせいするものかならき、まことかたなるにそんす」(密邇獫狁、戎馬生郊。而制者必割、實存操刀)とある。ウィキソース「西征賦」参照。
  • 常 … 『全唐詩』では「嘗」に作る。
持斧竟稱雄
おのしてはついゆうしょう
  • 持斧 … 将軍や検察官である御史が地方へ出るとき、断罪の権限を天子から授けられた象徴として斧を持って行くこと。漢の武帝の末、ぼうしょうが直指使者となり、斧を持って盗賊を捕えた故事に基づく。『漢書』しゅん不疑ふぎ伝に「ていまつ郡国ぐんこく盗賊とうぞくぐんす。ぼうしょうちょく使しゃり、しゅうおのして、盗賊とうぞくちくす」(武帝末、郡國盜賊羣起。暴勝之爲直指使者、衣繡衣、持斧、逐捕盜賊)とある。ウィキソース「漢書/卷071」参照。
  • 竟称雄 … ついに雄名を称えられることになった。
應敵兵初起
てきおうじてへいはじめておこ
  • 応敵 … 敵の攻撃に応戦すること。『漢書』しょう伝に「てきおのれくわえ、むことをずしてものこれ応兵おうへいう。へいおうずるものつ」(敵加於己、不得已而起者、謂之應兵。兵應者勝)とある。ウィキソース「漢書/卷074」参照。
  • 兵初起 … 我が軍は起ち上がったばかりである。
緣邊虜欲空
へんりてりょむなしからんとほっ
  • 縁辺 … 国境沿いの地帯。『史記』匈奴列伝に「へんりてまた各〻おのおの堅守けんしゅして、もっあだそなえしむ」(緣邊亦各堅守、以備胡寇)とある。ウィキソース「史記/卷110」参照。
  • 虜 … 胡虜。北方の異民族。「虜」は、罵るときの言葉。ここでは外敵の意。
  • 欲空 … 消滅しかけている。
  • 欲 … 「(んと)ほっす」と読み、「今にも~しようとする」「今にも~になりそうだ」と訳す。
使車經隴月
使しゃ 隴月ろうげつ
  • 使車 … 君が乗る車。「使」は、使者。
  • 隴月 … 隴山にかかる月。隴山は、陝西省と甘粛省との境にある山。
  • 経 … 通過する。
征旆繞河風
征旆せいはい ふうめぐ
  • 征旆 … 趙侍御の行列が立てている旗じるし。
  • 河風 … 黄河から吹く風。
  • 繞 … (風にはためきながら)めぐりめぐって進んで行く。
忽枉兼金訊
たちま兼金けんきんじん
  • 兼金訊 … 見事な詩。「兼金」は、普通のきんの二倍または数倍の値打ちがある良質の黄金のこと。「兼」は、兼倍。二倍または数倍の意。『孟子』公孫丑章句下篇に「前日ぜんじつせいおいて、おう兼金けんきんいっぴゃくおくりしも、けず」(前日於齊、王餽兼金一百而不受)とある。ウィキソース「孟子/公孫丑下」参照。「訊」は、便り。手紙。ここでは贈られた詩を指す。晋の陸機の「ふうぶんに贈る」(『文選』巻二十四)に「ずらくは雑珮ざっぱいおくりものきを、りょうじん兼金けんきんえん」(愧無雜珮贈、良訊代兼金)とあるのを踏まえる。ウィキソース「贈馮文羆」参照。
  • 枉 … まげて。自分がそれに値しないのに、自分にまで詩を贈ってくださったと、謙遜して言ったもの。
非徒秣馬功
ただまつこうのみにあら
  • 非徒 … 「ただに~のみにあらず」と読み、「ただ~だけではない」と訳す。範囲・条件が限定されない意を示す。
  • 秣馬功 … 牛馬にまぐさを与えて武功を立てること。「秣馬」は、牛馬にまぐさを与えて養うこと。『春秋左氏伝』成公せいこう十六年に「じょうあつそつおぎない、うままぐさかへいす」(蒐乘補卒、秣馬利兵)とある。ウィキソース「春秋左氏傳/成公」参照。ここでは趙侍御の才能が武功を立てることだけではないことをいう。
氣清蒲海曲
む かいくま
  • 気清 … 君が行けば、清らかな空気に変わるだろう。
  • 清 … 『全唐詩』には「一作凌」とある。
  • 蒲海 … 湖の名。蒲昌海。今のロプノール湖を指すという。ウィキペディア【ロプノール】参照。『漢書』西域伝に「蒲昌海、一名は塩沢という者なり。玉門・陽関を去ること三百余里、広袤こうぼう三四百里。其の水亭居ていきょして、冬夏増減せず」(蒲昌海、一名鹽澤者也。去玉門、陽關三百餘里、廣袤三四百里。其水亭居、冬夏不增減)とある。「広」は、東西の長さ。「袤」は、南北の長さ。ウィキソース「漢書/卷096上」参照。
  • 曲 … くま。すみ。
聲滿柏臺中
こえつ 柏台はくだいうち
  • 声満 … 君の名声が満ちわたる。
  • 柏台 … 御史台の別名。漢代、役所の庭に柏の木が植えてあったことから。
顧己塵華省
おのしょうけがすをかえりみては
  • 顧己 … 我が身を顧みれば。
  • 華省 … 輝かしい役所。中書省または門下省の美称。
  • 塵 … 汚しているだけの不甲斐なさ。
欣君震遠戎
きみえんじゅうふるわすをよろこ
  • 遠戎 … 遠方のえびすども。「戎」は、北西方に住む異民族の蔑称。
  • 震 … 震えあがらせる。震駭させる。
  • 欣 … 喜ぶ。
明時獨匪報
めい ひとむくゆるにあら
  • 明時 … 聖明の御代。
  • 匪報 … 天子の御恩に報いることができない。
  • 匪 … 「~ず」「あらず」と読み、「~でない」と訳す。「非」と同義。
常欲退微躬
つねきゅう退しりぞけんとほっ
  • 常 … いつも。『全唐詩』では「嘗」に作る。
  • 微躬 … 取るに足りない微小な身。自分をへりくだっていう言葉。ここでは作者自身を指す。「しん」「微軀びく」も同じ。『詩経』衛風・ぼっ篇に「われとうずるにぼっもってす、これむくゆるに瓊琚けいきょもってせん、むくゆるにあらざるなり、ながもっよしみをすなり」(投我以木瓜、報之以瓊琚、匪報也、永以爲好也)とある。ウィキソース「詩經/木瓜」参照。
  • 欲退 … 退官したいと思っている。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行