>   漢詩   >   唐詩選   >   巻一 五言古詩   >   感遇(張九齢)

感遇(張九齢)

感遇
感遇かんぐう
ちょうきゅうれい
  • 五言古詩。顧・樹・懼・惡・慕(去声遇韻)。
  • 感遇 … 自分の境遇について詠うこと。『全唐詩』では「感遇十二首 其四」に作る。
  • 張九齢 … 673~740。初唐の詩人。あざな寿じゅ韶州しょうしゅうきょっこう(広東省)の人。玄宗に仕えたが、りん讒言ざんげんによりけいしゅう(湖北省江陵)に長史(副官)として左遷された。『曲江張先生集』二十巻がある。ウィキペディア【張九齢】参照。
孤鴻海上來
孤鴻ここう 海上かいじょうよりきた
  • 孤鴻 … 群れを離れた一羽のおおとり。作者が自分をたとえたもの。
池潢不敢顧
池潢ちこう あえかえりみず
  • 池潢 … 池や水たまり。
側見雙翠鳥
そばる 双翠鳥そうすいちょう
  • 双翠鳥 … 二羽の緑の美しい羽をしたかわせみ。
巢在三珠樹
くうて三珠樹さんしゅじゅるを
  • 三珠樹 … 珍木の名。『山海経』巻六に「三珠樹は厭火の北に在り、赤水の上に生ず、其の樹たるや柏のごとし、葉皆珠を為す」とある。
矯矯珍木巓
矯矯きょうきょうたり 珍木ちんぼくいただき
  • 矯矯 … 鳥などが高く舞い上がるさま。
得無金丸懼
金丸きんがんおそきをんや
  • 金丸 … 黄金製の弾丸。
美服患人指
美服びふくひとゆびささんことをうれ
  • 美服 … 美しい身なり。
高明逼神惡
高明こうめいかみにくみにせま
  • 高明 … 高く明るい邸宅。富貴の人の家。
  • 神 … 鬼神。
今我遊冥冥
今我われいま 冥冥めいめいあそ
  • 冥冥 … 奥深く遠い。暗い。大空の形容。
弋者何所慕
弋者よくしゃ なんしたところ
  • 弋者 … いぐるみで鳥を落とす猟師。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行