>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   同洛陽李少府観永楽公主入蕃(孫逖)

同洛陽李少府観永楽公主入蕃(孫逖)

同洛陽李少府觀永樂公主入蕃
洛陽らくよう少府しょうふが「永楽公主えいらくこうしゅばんるをる」にどうず)
孫逖そんてき     
  • 五言絶句。新・春(平声真韻)。
  • 少府 … 県尉の雅称。県の警察事務を司る職。
  • 永楽公主 … 公主は天子の娘。唐の宗室の外甥にあたる楊元嗣の娘を天子の養女として契丹に降嫁させたので、これに与えた称号。
  • 蕃 … 契丹という意味と、野蛮人の部落という意味がある。
  • 同洛陽李少府觀永樂公主入蕃 … 『萬首唐人絶句』(書目文献出版社)では「同李少府觀永樂公主入蕃」に作る。
  • 孫逖 … 696~761。博州武水(山東省聊城りょうじょう県附近)の人。一に河南府鞏県の人といわれる。中書舎人・刑部侍郎を歴任。ウィキペディア【孫逖】参照。
邊地鶯花少
辺地へんち 鶯花おうかすくなく
  • 鶯花 … うぐいすと花。春らしい景色のこと。
年來未覺新
としきたるもいまだあらたなるをおぼえず
  • 年 … 新しい年。
美人天上落
美人びじん 天上てんじょうより
  • 美人 … 永楽公主を指す。
  • 天上 … ここでは唐の帝室を天上にたとえている。
龍塞始應春
竜塞りょうさい はじめてまさにはるなるべし
  • 竜塞 … 辺地のとりで。竜城のこと。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行