>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   塩州過胡児飲馬泉(李益)

塩州過胡児飲馬泉(李益)

鹽州過胡兒飮馬泉
えんしゅうにて胡児こじいんせんよぎ
えき
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻五、『全唐詩』巻二百八十三、『文苑英華』巻二百九十九、『唐詩品彙』巻八十七、『唐詩別裁集』巻十四、他
  • 七言律詩。煙・泉・天・前・年(平声先韻)。
  • ウィキソース「鹽州過胡兒飲馬泉」参照。
  • 『全唐詩』には題下に「一作過五原胡兒飲馬泉」とある。『文苑英華』では「過五原至飲馬泉」に作り、「集作鹽州胡兒飲馬泉」とある。
  • 塩州 … 今の寧夏省塩池のあたり。ウィキペディア【塩池県】参照。
  • 胡児 … 北方の遊牧民族のこども。えびすの若者。
  • 飲馬泉 … 馬に水を飲ませる泉。
  • 李益 … 748~827?。中唐の詩人。隴西ろうせいぞうかんしゅくしょう武威ぶい)の人。あざなくん。大暦四年(769)、進士に及第。鄭県ていけん(陝西省)の尉となり、最後はれいしょうしょに至った。大暦十才子のひとり。『李君虞詩集』二巻がある。ウィキペディア【李益】参照。
綠楊著水草如煙
りょくようみずいて くさ けむりごと
  • 緑楊 … 緑の柳の枝。
  • 著水 … 柳の枝が水面につくこと。
  • 著 … 『文苑英華』『唐詩品彙』では「着」に作る。同義。
  • 草 … 『文苑英華』では「宛」に作り、「集作草」とある。
舊是胡兒飮馬泉
胡児こじいんせん
  • 旧 … もと。
  • 胡児 … えびすの若者。
  • 飲馬泉 … 馬に水を飲ませる泉。
幾處吹笳明月夜
幾処いくしょく 明月めいげつよる
  • 笳 … 胡笳。北方の遊牧民族が用いた楽器。あしの葉を巻いて作った笛。
何人倚劒白雲天
何人なんぴとけんる 白雲はくうんてん
  • 人 … 『文苑英華』では「時」に作る。
  • 倚剣 … 剣を杖にして立つこと。
從來凍合關山道
じゅうらい凍合とうごうす 関山かんざんみち
  • 凍合 … 泉の水が氷にとざされることと、関山の道がとざされることをかける。
  • 関山道 … 関所のある山道。
  • 道 … 『全唐詩』『文苑英華』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「路」に作る。
今日分流漢使前
今日こんにちぶんりゅうす かん使まえ
  • 分流 … 泉の水が幾筋にも分かれて流れること。異民族に支配されてきたこの地方に、唐の朝廷の勢力が及んだことを意味する。
  • 漢使 … 唐の朝廷の使者。
莫遣行人照容鬢
行人こうじんをして容鬢ようびんらさしむるかれ
  • 行人 … 旅人。作者自身を指す。
  • 容鬢 … 顔と、びんの毛。
  • 鬢 … 「髩」「鬂」に作るテキストもある。異体字。
恐驚憔悴入新年
おそらくはしょうすいして新年しんねんるにおどろかん
  • 憔悴 … やつれ果てること。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行