>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   従軍北征(李益)

従軍北征(李益)

從軍北征
ぐんしたがって北征ほくせい
えき
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻二百八十三、『李益集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十五(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『文苑英華』巻二百九十九、『唐詩品彙』巻五十一、『唐詩別裁集』巻二十、『唐詩紀事』巻三十、他
  • 七言絶句。寒・難・看(平声寒韻)。
  • ウィキソース「從軍北征」「唐詩紀事 (四部叢刊本)/卷第三十」参照。
  • 従軍 … 遠征軍に参加すること。
  • 北征 … 北方の地を征伐すること。
  • 李益 … 748~827?。中唐の詩人。隴西ろうせいぞうかんしゅくしょう武威ぶい)の人。あざなくん。大暦四年(769)、進士に及第。鄭県ていけん(陝西省)の尉となり、最後はれいしょうしょに至った。大暦十才子のひとり。『李君虞詩集』二巻がある。ウィキペディア【李益】参照。
天山雪後海風寒
天山てんざんせつ 海風かいふうさむ
  • 天山 … 新疆ウイグル自治区を横断する山脈。ウィキペディア【新疆天山】参照。また、青海省と甘粛省との境にあるれんざんも天山と呼ぶので、祁連山のことかもしれない。ウィキペディア【祁連山脈】参照。
  • 雪後 … 雪が晴れた後。
  • 海風 … 青海など西方の湖から吹く風。
横笛偏吹行路難
横笛おうてき ひとえにく こうなん
  • 偏 … しきりに。折悪しく。
  • 行路難 … 古楽府の歌曲の名。旅路の苦難を主題とする。
磧裏征人三十萬
せき征人せいじん さんじゅうまん
  • 磧裏 … 砂漠(ゴビ砂漠)の中。
  • 征人 … 遠征の兵士。
一時囘首月中看
いち こうべめぐらして げっちゅう
  • 一時 … いっせいに。
  • 回首 … 振り向いて。振り返って。
  • 回 … 『唐詩紀事』では「廻」に作る。
  • 首 … 『全唐詩』等では「向」に作り、「一作首」とある。『唐五十家詩集本』『文苑英華』『万首唐人絶句』『唐詩紀事』では「向」に作る。
  • 月中 … 月の光の下で。
  • 中 … 『文苑英華』には「一作明」とある。『全唐詩』等では「明」に作り、「一作中」とある。『唐五十家詩集本』『唐詩紀事』では「明」に作る。
  • 看 … じっと見つめる。見つめる対象はおそらく故郷の方であろう。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行