>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   陸勝宅秋雨中探韻同前(張南史)

陸勝宅秋雨中探韻同前(張南史)

陸勝宅秋雨中探韻同前
りくしょうたくにてしゅうちゅういんさぐ同前どうぜん
ちょうなん
  • 七言律詩。將・疆・觴・霜・楊(平声陽韻)。
  • 『全唐詩』巻296所収。
  • 『全唐詩』では詩題が「陸勝の宅にて、秋暮、雨中に韻を探り、同じく作る」(陸勝宅秋暮雨中探韻同作)となっている。
  • 陸勝 … 人物については不明。「勝」は『全唐詩』に「一作瑛」とある。
  • 探韻 … 陸勝の家に集まった人々が、くじ引きで引き当てた文字を韻として詩を作った。
  • 同前 … 席上、誰かが詩を作ったあと、続けて同じ題の詩を作ること。
  • 張南史 … 生没年未詳。中唐の詩人。幽州(北京)の人。あざなは季直。ウィキペディア【張南史】参照。
同人永日自相將
同人どうじん 永日えいじつ おのずからあいひき
  • 同人 … 同じ志をもつ仲間。
  • 永日 … 一日中。
  • 自相将 … 自然に連れ立って集まること。
深竹閒園偶辟疆
深竹しんちく 間園かんえん へききょうぐう
  • 深竹 … 深い竹林。
  • 間園 … 静かな庭園。
  • 辟疆 … 晋の顧辟疆。名園の所有者として有名。ここでは陸勝にたとえる。
  • 偶 … 対座する。
已被秋風教憶鱠
すでしゅうふうなますおもめられ
  • 憶鱠 … なますは魚肉を生のまま細かく切って、酢にひたした料理。晋のちょうかんが北の洛陽に入って斉王に仕えていたが、秋風の吹くのを見るにつけ、故郷のしょうこうぎょなますや、じゅんさいあつもの(吸い物)の味を思い出し、官を捨てて故郷へ帰ったという故事を踏まえる。ウィキペディア【張翰 (晋)】参照。
更聞寒雨勸飛觴
さらかんさかずきばさんとすすむるを
  • 寒雨 … 冷たい秋雨。
  • 飛觴 … 杯を廻すこと。
歸心莫問三江水
しんかれ 三江さんこうみず
  • 帰心 … 故郷に帰りたいと思う心。
  • 三江 … ちょうかんの故郷のしょうこう江・東江をさす。
旅服從沾九日霜
旅服りょふくうるおすにまかす きゅうじつしも
  • 旅服 … 旅の衣。
  • 従沾 … 濡らすがままにまかせよう。
  • 從 … 『全唐詩』では「徒」に作り、「一作從」とある。
  • 九日 … 九月九日、重陽の節句。
  • 日 … 『全唐詩』には「一作月」とある。
醉裏欲尋騎馬路
すいたずねんとほっす 騎馬きばみち
  • 酔裏 … 酔った状態になりながら。
  • 騎馬路 … 馬に乗って帰る道。
蕭條是處有垂楊
蕭条しょうじょうとしてところ垂楊すいよう
  • 蕭条 … 物寂しいさま。『楚辞』遠遊に「やま蕭条しょうじょうとしてけものく、寂漠せきばくとしてひとし」(山蕭條而無獸兮、野寂漠其無人)とある。ウィキソース「楚辭/遠遊」参照。
  • 是処 … 『全唐詩』では「幾処」に作る。
  • 垂楊 … しだれやなぎ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行