>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五排   >   送鄭説之歙州謁薛侍郎(劉長卿)

送鄭説之歙州謁薛侍郎(劉長卿)

送鄭說之歙州謁薛侍郎
鄭説ていえつ歙州きゅうしゅうきてせつろうえっせんとするをおく
りゅうちょうけい
  • 五言排律。城・生・清・行・情・成(平声庚韻)。
  • ウィキソース「送鄭說之歙州謁薛侍郎」「劉隨州文集 (四部叢刊本)/卷第四」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』(両種とも)には、題下に「一に薛能郎中に作る」(一作薛能郎中)と注する。『文苑英華』では「薛侍郎」を「薛能郎中」に作り、「集作侍郎」と注する。薛能(817~880)は、晩唐の詩人で、会昌六年(846)の進士であるから時代が合わない。『唐詩別裁集』では「薛侍郎」を「薛侍御」に作り、「時侍御出守歙」(時に侍御いでて歙を守る)と注する。
  • 鄭説 … 人物については不明。『全唐詩』巻七百八十九に名が見える。太常寺奉礼郎(宮中の宗廟の祭祀をつかさどる官)の職にあり、皇甫曾や釈皎然らとの聯句が残っている。この人物であるかはわからない。『文苑英華』は「集鄭晩之」と注する。
  • 歙州 … 現在の安徽省歙県。ウィキペディア【歙県】参照。
  • 之 … 行く。
  • 薛 … 薛邕せつよう。生没年不詳。あざなは公和、号は冲味。河中宝鼎(現在の山西省運城市永済市)の人。開元四年(716)、進士に及第。監察御史・礼部侍郎・吏部侍郎などを歴任。大暦八年(773)、歙州刺史に左遷された。徳宗の建中元年(780)、中央に復帰し尚書左丞となった。『旧唐書』代宗紀に「(大暦)八年……五月乙酉、吏部侍郎徐浩を明州べつに、薛邕を歙州刺史に、京兆尹杜済を杭州刺史に貶す、皆な典選に坐するなり」(八年……五月乙酉、貶吏部侍郎徐浩明州別駕、薛邕歙州刺史、京兆尹杜濟杭州刺史、皆坐典選也)とある。別駕は、刺史を補佐する官。ウィキソース「舊唐書/卷11」参照。
  • 侍郎 … 官名。尚書省六部の次官。または門下省・中書省の次官。ここでは刑部の次官。長官は刑部尚書。ウィキペディア【侍郎】参照。
  • 謁 … 謁見する。ここでは仕事を求めて会いに行くこと。
  • 送 … 見送る。
  • この詩は、鄭説が歙州に行って薛侍郎を尋ねることになったので、作者が彼を見送って詠んだもの。儲仲君撰『劉長卿詩編年箋注』(中華書局、1996年)によると、大暦十年(775)、五十歳頃の作。
  • 劉長卿 … 709?~785?。中唐の詩人。河間(河北省)の人。一説に宣城(安徽省)の人。あざなは文房。開元二十一年(733)、進士に及第。監察御史などの官職を歴任したが、のちに左遷され、最後は随州(湖北省随県)刺史となって終わった。このことから「劉随州」とも呼ばれた。『劉随州文集』がある。ウィキペディア【劉長卿】参照。
漂泊來千里
ひょうはくしてせんきたれば
  • 漂泊 … さすらう。さすらいの旅をする。
  • 来千里 … 千里の道をやって来てみれば。『孟子』梁惠王上篇に「そう、千里を遠しとせずして来る。まさに以て吾が国を利する有らんとするか」(叟、不遠千里而來。亦將有以利吾國乎)とある。ウィキソース「孟子/梁惠王下」参照。
謳歌滿百城
おう ひゃくじょう
  • 謳歌 … 薛侍郎の善政をほめたたえる歌声。『孟子』万章上篇に「謳歌する者、堯の子を謳歌せずして、舜を謳歌す」(謳歌者、不謳歌堯之子、而謳歌舜)とある。ウィキソース「孟子/萬章上」参照。
  • 歌 … 『全唐詩』(両種とも)『四部叢刊本』『唐五十家詩集本』『文苑英華』では「謠」に作る。
  • 百城 … 多くの町々。ここでは薛侍郎が治める歙州の町々を指す。『梁書』楽藹がくあい伝に「職に居ることくのごとくんば、以て百城の表たる可し」(居職若斯、可以爲百城表矣)とある。ウィキソース「梁書/卷19」参照。
漢家尊太守
かん 太守たいしゅたっと
  • 漢家 … 漢の帝室。ここでは唐の朝廷を指す。『史記』梁孝王世家に「梁の孝王は、親愛の故を以てこうの地に王たりと雖も、然も漢家隆盛にして百姓いんなるに会う。故に能く其の財貨をしょくし、宮室を広め、車服、天子にす。然れども亦たせんなり」(梁孝王雖以親愛之故王膏腴之地、然會漢家隆盛百姓殷富。故能植其財貨、廣宮室、車服擬於天子。然亦僭矣)とある。膏腴は、肥沃。殷富は、栄えて豊かなこと。僭は、僭越。ウィキソース「史記/卷058」参照。
  • 太守 … 郡の長官。大守。郡守。ここでは薛邕を指す。『漢書』百官公卿表に「郡守は、秦官なり。其の郡を治むるを掌る。秩は二千石。丞有り。辺郡は又た長史有り、兵馬を掌る。秩は皆六百石。景帝中二年、あらためて太守と名づく」(郡守、秦官。掌治其郡。秩二千石。有丞。邊郡又有長史、掌兵馬。秩皆六百石。景帝中二年、更名太守)とある。ウィキソース「漢書/卷019」参照。ウィキペディア【太守】参照。
  • 尊 … 尊重する。
魯國重諸生
こく 諸生しょせいおもんず
  • 魯国 … 春秋時代の魯の国。前1055~前249。周の武王が、弟の周公旦の領地として与えたのが始まる。前249年、楚に滅ぼされた。孔子が生まれた国で、都は曲阜(現在の山東省済寧市曲阜市)。ウィキペディア【】参照。ここでは歙州に喩えている。
  • 諸生 … 官途に就いていない知識人。前漢のしゅくそんとうが、官途に就いていない魯の儒者三十余名を徴して朝廷の儀礼を整え、彼らを推挙して全員を郎官に就けてやったという故事を踏まえる。ここでは薛邕を叔孫通に、鄭説を諸生になぞらえている。『史記』叔孫通伝に「夫れ儒者はともに進みて取り難く、ともに成りたるを守る可し。臣願わくは魯の諸生をし、臣のていと共に朝儀をおこさん」(夫儒者難與進取、可與守成。臣願徴魯諸生、與臣弟子共起朝儀)とある。ウィキソース「史記/卷099」参照。
俗變人難理
ぞくひとおさがたきをへん
  • 俗 … 風俗。ここでは歙州の人々の風俗を指す。『礼記』楽記篇に「がくなる者は、聖人の楽しむ所なり。而して以て民心を善くす可し。其の人を感ぜしむること深く、其れふうを移し俗をう。故に先王其の教えをあらわす」(樂也者、聖人之所樂也。而可以善民心。其感人深、其移風易俗。故先王著其教焉)とある。ウィキソース「禮記/樂記」参照。
  • 難理 … 統治しにくい。治めにくい。
  • 変 … 改まる。
江傳水至清
こうみずいたってきよきをつた
  • 江伝水至清江 … 新安江の水が至って澄み切っているように、その政治も清潔な姿を世に伝えている。
  • 江 … 浙江省と安徽省を流れる新安江を指す。銭塘江の支流の一つ。
  • 水至清 … 水が非常に清らかなこと。きわめて清らかなこと。梁の沈約に「新安江は水至って清く、浅深底をあらわす。京邑けいゆうの遊好におくる」(新安江水至清、淺深見底。貽京邑遊好)という題の詩がある。ウィキソース「昭明文選/卷27」参照。また『孔子家語』入官篇に「水至って清ければ則ちうお無く、人至ってさつならば則ち無し」(水至清則無魚、人至察則無徒)とある。察は、潔癖すぎること。徒は、親しい仲間。ウィキソース「孔子家語/卷五」参照。
  • 伝 … 伝える。『全唐詩』(両種とも)には「一作流」とある。『文苑英華』では「流」に作り、「集作傳」と注する。
船經危石住
ふねせきとどまり
  • 船 … 鄭説が乗る船。『四部叢刊本』では「舡」に作る。『古今詩刪』では「舩」に作る。いずれも異体字。
  • 危石 … 高くそそり立つ岩。『荘子』田子方篇に「こころみに汝と高山に登り、危石を履み、ひゃくじんの淵に臨まば、なんじ、能くんか」(嘗與汝登高山、履危石、臨百仞之淵、若能射乎)とある。ウィキソース「莊子/田子方」参照。
  • 経 … そばを通り過ぎる。
  • 住 … 港に停泊する。『全唐詩』(両種とも)には「一作往」とある。『文苑英華』には「一作徃」とある。「徃」は「往」の異体字。
路入亂山行
みち乱山らんざんりて
  • 路 … 陸路。
  • 乱山 … 高さが不揃いの多くの山々。
老得滄洲趣
いてはそうしゅうおもむき
  • 老 … 私も年老いて。
  • 滄洲趣 … 仙境に遊ぶような心境。滄洲は、東方の海上にあり、仙人が住むといわれていた所。謝朓の「宣城にかんとして新林浦を出で版橋に向う」(『文選』巻二十七)に「既に禄を懐うの情をよろこばしめ、復た滄州の趣にかなう」(既懽懷祿情、復協滄州趣)とある。ウィキソース「昭明文選/卷27」参照。
  • 洲 … 『全唐詩』(中華書局点校本)では「州」に作る。
春傷白首情
はるには白首はくしゅじょういたましむ
  • 春 … 春ともなれば。
  • 白首情 … 白髪あたまで不遇の身を悲しむ気持ち。『史記』范雎蔡沢伝の論賛に「范雎・蔡沢は世に所謂一切の弁士なり。然れども諸侯に游説して白首に至るまで遇う所無きは、計策のつたなかりしに非ず、ぜいを為す所ちから少なかりしなり」(范雎蔡澤世所謂一切辯士。然游説諸侯至白首無所遇者、非計策之拙、所爲説力少也)とある。ウィキソース「史記/卷079」参照。
  • 首 … 『唐詩別裁集』では「髪」に作る。
  • 傷 … 胸が痛む。
嘗聞馬南郡
かつく 南郡なんぐん
  • 嘗聞 … 以前聞いたことがある。
  • 馬南郡 … 後漢の学者、馬融のこと。79~166。あざなは季長。多くの経書の注を書いた。南郡(現在の湖北省荊州市一帯)の太守でもあった。『後漢書』馬融伝に「三たび遷りて、桓帝の時に南郡の太守と為る」(三遷、桓帝時爲南郡太守)とある。ウィキソース「後漢書/卷60上」参照。ウィキペディア【馬融】参照。ここでは薛侍郎に喩える。
門下有康成
もん康成こうせいりと
  • 門下 … ある先生のもとで教えを受ける人のこと。ここでは馬融の門下生を指す。
  • 康成 … 後漢の学者、じょうげん。127~200。あざなは康成。馬融について学び、門下随一といわれた。『後漢書』鄭玄伝に「鄭玄、あざなは康成。……扶風の馬融につかう。……問いおわって辞して帰る。融ぜんとして門人に謂って曰く、鄭生今去りぬ、吾が道ひがしす」(鄭玄字康成。……事扶風馬融。……問畢辭歸。融喟然謂門人曰、鄭生今去、吾道東矣)とある。ウィキソース「後漢書/卷35」参照。ウィキペディア【鄭玄】参照。ここでは同姓であることから、鄭説に喩える。
テキスト
  • 『箋註唐詩選』巻四(『漢文大系 第二巻』冨山房、1910年)
  • 『全唐詩』巻一百四十八(揚州詩局本縮印、上海古籍出版社、1985年)
  • 『全唐詩』巻一百四十八(点校本、中華書局、1960年)
  • 『劉随州詩集』巻四(『四部叢刊 初篇集部』所収)
  • 『劉随州集』巻七(『唐五十家詩集』所収)
  • 『文苑英華』巻二百七十(影印本、中華書局、1966年)
  • 『唐詩品彙』巻七十七(汪宗尼本影印、上海古籍出版社、1981年)
  • 『唐詩別裁集』巻十八(乾隆二十八年教忠堂重訂本縮印、中華書局、1975年)
  • 『古今詩刪』巻十九(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、48頁)
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行