>   論語   >   子張第十九   >   1

子張第十九 1 子張曰士見危致命章

472(19-01)
子張曰、士見危致命、見得思義、祭思敬、喪思哀。其可已矣。
ちょういわく、あやうきをてはいのちいたし、るをてはおもい、まつりにはけいおもい、にはあいおもう。なるのみ。
現代語訳
  • 子張 ――「男なら、危険と見ればいのちをささげ、利益には公正を思い、祭りには心からうやまい、人の死には心からなげく。それならよろしかろう。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子張がいった。――
    「士たるものは、公けの任務において危難に直面したら生命を投げ出してそれに当るべきだ。利得に恵まれる機会があったら、それをうけることが正義に合するかどうかを思うべきだ。そして祭事には敬虔の念があふれ、喪には悲哀の情があふれるならば、士と称するに足るであろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
  • 士 … ここでは教養のある立派な官吏。周代の官吏は、卿・大夫・士の階級になっていた。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十