>   論語   >   八佾第三   >   12

八佾第三 12 祭如在章

052(03-12)
祭如在。祭神如神在。子曰、吾不與祭、如不祭。
まつることいますがごとくす。かみまつるにはかみいますがごとくす。いわく、われまつりにあずからざれば、まつらざるがごとし。
現代語訳
  • (先祖は)居るように祭り、神も居るように祭る。先生 ――「自分で祭らないと、祭った気がせぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様が先祖の祭をなさる場合には、あたかもご先祖様がそこにござるごとく、また神を祭られるには、神が目の前に出現されたごときご様子であった。そして常に「自身祭に参列しなくては祭ったような気持がしない。」と言われた。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師は、祖先を祭る時には、祖先をまのあたりに見るような、また、神を祭る時には、神をまのあたりに見るようなご様子で祭られた。そしていつもいわれた。――
    「私は自分みずから祭を行なわないと、祭ったという気がしない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 祭如在 … 祖先を祭るときは、実際に祖先がそこにおられるように敬虔に祭る。
  • 祭神如神在 … 神を祭るときは、実際に神がそこにおられるように敬虔に祭る。
  • 吾不与祭、如不祭 … 自分が祭りに参列できなかったときは、祭ったような気がしない。
  • 与 … 参加する。参列する。
補説
  • 祭如在 … 『集解』に引く孔安国の注に「死に事うるに、生に事うるが如くするを言うなり」(言事死、如事生也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「此れ以下の二句は、乃ち孔子の言に非ず、亦た前に因りて発するなり。魯祭を為すに、臣は其の君の上に処る。是れいますが如からざる故なり。宜しく在すが如くすべきを明らかにするなり。此れ先ず人鬼を祭るを説くなり。人の子親を奉じ、死に事うること生に事うるが如くす。是れ在すが如し」(此以下二句、乃非孔子之言、亦因前而發也。爲魯祭、臣處其君上。是不如在故。明宜如在也。此先說祭人鬼也。人子奉親、事死如事生。是如在)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に引く程頤の注に「祭は、先祖を祭るなり」(祭、祭先祖也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 祭神如神在 … 『集解』に引く孔安国の注に「百神を祭るを謂うなり」(謂祭百神也)とある。また『義疏』に「此れ天地山川の百神を祭るを謂うなり。神測る可からず。而して必ず心に期して之に対し、此に在すが如くするなり。孔、前に是れ人鬼を祭り、後に是れ百神を祭るを知る所以の者なり。凡そ且つ其れ在すと称するは、以て在さざるに対するなり。前に既に直に云う、在すが如くす、と。故に則ち知る是れ人鬼、今の在さざるを以て、昔の在すに対するなり。後既に云う、神を祭るには神在すが如くす、と。再び神を称すれば、則ち知る神の存没すること無きを。之を期すれば則ち在すなり」(此謂祭天地山川百神也。神不可測。而必心期對之、如在此也。孔所以知前是祭人鬼、後是祭百神者。凡且稱其在、以對不在也。前既直云、如在。故則知是人鬼、以今之不在、對於昔之在也。後既云、祭神如神在。再稱於神、則知神無存沒。期之則在也)とある。また『集注』に引く程頤の注に「神を祭るは、外神を祭るなり。先を祭るは孝を主とし、神を祭るは敬を主とす、と。愚おもえらく、此れ門人の孔子の祭祀の誠意を記すなり」(祭神、祭外神也。祭先主於孝、祭神主於敬。愚謂、此門人記孔子祭祀之誠意)とある。
  • 吾不與祭、如不祭 … 『集解』に引く包咸の注に「孔子或いは出で或いは病みて自らみずから祭らざれば、わる者をして之を為さしむるも、敬を心に致さず。祭らざると同じきなり」(孔子或出或病而不自親祭、使攝者爲之、不致敬於心。與不祭同也)とある。また『義疏』に「既に並びに須らく在すが如くすべし。故に説く者孔子の語を引きて、己の義を成すを証するなり。孔子言う、我或いは疾み或いは行くも、自ら祭るを得ずして、人をして之を摂せしむ。人をして代摂せしむを雖も、而れども我が心に於いて尽くさざれば、是れ祭らざると同じきなり」(既竝須如在。故説者引孔子語、證成己義也。孔子言、我或疾或行、不得自祭、使人攝之。雖使人代攝、而於我心不盡、是與不祭同也)とある。また『集注』に「又た孔子の言を記して以て之を明らかにす。言うこころはおのれ祭の時に当たり、或いは故有りてあずかるを得ずして、他人をして之を摂せしむれば、則ち其の在すが如くするの誠を致すことを得ず。故に已に祭ると雖も、而れども此の心欠然として未だ嘗て祭らざるが如きなり」(又記孔子之言以明之。言己當祭之時、或有故不得與、而使他人攝之、則不得致其如在之誠。故雖已祭、而此心缺然如未嘗祭也)とある。
  • 『集注』に引く范祖禹の注に「君子の祭るや、七日戒し、三日斉し、必ず祭る所の者を見るは、誠の至りなり。是の故に郊すれば則ち天神いたり、廟すれば則ち人鬼く、皆己に由りて以て之を致すなり。其の誠有れば則ち其の神有り、其の誠無ければ則ち其の神無し。謹まざる可けんや。吾祭に与らざれば、祭らざるが如きは、誠に実たり、礼は虚たればなり」(君子之祭、七日戒、三日齊、必見所祭者、誠之至也。是故郊則天神格、廟則人鬼享、皆由己以致之也。有其誠則有其神、無其誠則無其神。可不謹乎。吾不與祭、如不祭、誠爲實、禮爲虚也)とある。
  • 宮崎市定は「祭如在祭神如神在」の八字を「祭如在祭、神如神在」と四字の二句に区切り、「祭ること祭に在るが如くすれば、神は神在すが如し、とあり。子曰く、吾與らざれば、祭るも祭らざるが如きなり」と訓読し、「古語に、祭りを行うには、心をこめて祭りに臨む氣持でやれば、神も本當にそこに實在するようだ、とある。これについて孔子が一句つけ加えた。自ら祭りに參與しない祭りは祭らないも同じだ」と訳している(『論語の新研究』187~188頁)。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「論に曰く、祭祀の礼は、人道の本なり。是に於いて其の誠を尽くさざれば、則ち人道欠く。其れ復た何をか言わん。夫れ人は祖に本づき、万物は天に本づく。犲獺さいだつの賤しきも、皆本に報ゆるを知る。本に報ゆるの心は、人の至情なり。……豈に其のくと享けざるとを問わん」(論曰、祭祀之禮、人道之本。於是不盡其誠、則人道缺焉。其復何言。夫人本於祖、萬物本於天。犲獺之賤、皆知報本。報本之心、人之至情。……豈問其享與不享)とある。犲獺は、山犬とカワウソ。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「祭ること在すが如しとは、古経の言なり。神を祭ること神在すが如くすとは、経を釈するの言なり。しも孔子の言を引いて以て之を証す。色のままに斯れ挙すの章の如きなり。大氐後儒は深く論語は孔子の語録たることになずめり。殊に知らず一時門人の其の意を以て之を録せしことを。或いは孔子の言行を記し、或いは詩・書の義を記す。故に其の例の同じからざる者かくの如きなり。程子曰く、祭は、先祖を祭るなり。神を祭るとは、外神を祭るなり、と。これを孔安国に本づく。然れども祭は豈に必ずしも先祖ならんや。神は豈に必ずしも外神ならんや。知らずして之が解を為すと謂う可きのみ。……又た按ずるに、親在すが如しと曰わずして神在すが如しと曰う。死に事うること生に事うるが如くすとは、其の心を語るなり。礼は則ちしからず。親と雖も亦た之を神とす。妻と雖も亦た之を拝す。以て見る可きのみ。後儒は礼にくらくして此の義を知らず。故に文公は家礼を作り、死に事うること生に事うるが如しの義を主とす。陋なりと謂う可きのみ」(祭如在、古經之言也。祭神如神在、釋經之言也。下引孔子之言以證之。如色斯擧矣章也。大氐後儒深泥論語爲孔子語録。殊不知一時門人以其意録之。或記孔子言行、或記詩書之義。故其例不同者如此也。程子曰、祭、祭先祖也。祭神、祭外神也。本諸孔安國。然祭豈必先祖乎。神豈必外神乎。可謂不知而爲之解已。……又按、不曰如親在而曰如神在。事死如事生、語其心也。禮則否。雖親亦神之。雖妻亦拜之。可以見已。後儒昧乎禮而不知此義。故文公作家禮、主事死如事生之義。可謂陋已)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十