>   論語   >   子張第十九   >   2

子張第十九 2 子張曰執德不弘章

473(19-02)
子張曰。執德不弘。信道不篤。焉能爲有。焉能爲亡。
ちょういわく、とくることひろからず、みちしんずることあつからずんば、いずくんぞりとし、いずくんぞしとさん。
現代語訳
  • 子張 ――「修養がせまく、信念も弱いのでは、道徳がどうだとも、こうだともいえまい。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子張が言うよう、「徳を行うならば、ひろくあわせ行わねばならぬ。道を信ずるならばその信念が強く実践じっせんこころざしかたくなくてはならぬ。もし一善いちぜんを行って自ら得たりとするごときせまくかたまった気持であったり、たちまち信じたちまち疑うような薄い信仰であっては、道徳がありともいえず、なしともつかず、あぶはち取らずになってしまうぞ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子張がいった。――
    「何か一つの徳に固まって、ひろく衆徳を修めることができず、正道を信じても、それが腹の底からのものでなければ、そんな人は居ても大してありがたくないし、いなくても大して惜しくはない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
  • 徳 … 人格・教養。
  • 執 … 身につける。
  • 不弘 … 幅がない。視野が狭い。
  • 道 … 自分の生き方。
  • 不篤 … 強い信念がないこと。
  • 焉 … 「いずくんぞ~ん(や)」と読む。「どうして~であろうか、いや~でない」と訳す。反語の形。
  • 焉能為有、焉能為亡 … 「あってもなくても同じことだ」の意。
補説
  • 亡 … 『集注』に「亡は、読んで無とす。下同じ」(亡、讀作無。下同)とある。
  • 焉能為有、焉能為亡 … 『集解』に引く孔安国の注に「軽重する所無きを言う」(言無所輕重)とある。
  • 『集注』に「得る所有りて之を守ることはなはだ狭ければ、則ち徳孤なり。聞く所有りて之を信ずること篤からざれば、則ち道すたる。いずくんぞ能く有亡を為なんとは、猶お軽重を為すに足らずと言うがごとし」(有所得而守之太狹、則德孤。有所聞而信之不篤、則道廢。焉能爲有亡、猶言不足爲輕重)とある。
  • 伊藤仁斎は「徳は執るに在り。然れども弘からざれば則ちいたずら狷介けんかいの士と為る。道は信ずるに在り。然れども篤からざれば則ち必ず塗説の流れと為る。故に徳を執りて必ず弘く、道を信じて必ず篤ければ、則ち以て君子と為るべし。然らざれば則ち其の始めは得ること有るがごとしと雖も、然れども道徳はついに己のゆうと為らず。亦た必ずからんのみ」(德在於執。然不弘則徒爲狷介之士。道在信。然不篤則必爲塗説之流。故執德而必弘、信道而必篤、則可以爲君子矣。不然則其始雖若有得、然道德終不爲己有。亦必兦而已矣)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「徳とは性の徳なり。弘とは養いて之を大にするを謂うなり。人各〻おのおの徳を異にし、性の近き所、執りて失わざることを貴ぶ。故にると曰う。又た修めて之をたかくすることを貴ぶ。故に弘と曰う。道を信ずるの篤きは、徳の弘なる所以なり。然れども道はかれに在りて徳は我に在り。故にきて之を言う」(德者性之德也。弘者謂養而大之也。人各異德。性所近焉。貴乎執而不失。故曰據。又貴修而崇之。故曰弘。信道之篤。德之所以弘也。然道在彼而德在我。故析言之)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十