>   論語   >   微子第十八   >   11

微子第十八 11 周有八士章

471(18-11)
周有八士。伯達。伯适。仲突。仲忽。叔夜。叔夏。季隨。季騧。
しゅうはっり。伯達はくたつ伯适はくかつちゅうとつちゅうこつしゅくしゅくずい季騧きか
現代語訳
  • 周には八人の学者家族があった。それは伯達・伯适(カツ)・仲突・仲忽(コツ)・叔夜・叔夏・季随・季騧(カ)だ。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 昔の周には、一家に伯達・伯适・仲突・仲忽・叔夜・叔夏・季随・季騧という八人の英才が生れた。盛んなことかな。今ではさような人物のはいしゅつが望めない。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 周に八人の人物がいた。伯達はくたつ伯适はくかつちゅうとつちゅうこつしゅくしゅくずい季騧きかがそれである。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 周 … 周の初めの盛んな時。
  • 士 … 立派な人。賢人。
  • 伯・仲・叔・季 … 兄弟の順序を示す言葉。長男が伯、次男が仲、三男が叔、四男が季。
補説
  • 『集解』に引く包咸の注に「周の時、四乳にして八子を生む。皆顕仕と為れり。故に之を記すのみ」(周時四乳生八子。皆爲顯仕。故記之爾)とある。「四乳」は一人の母親が四度双子を生むこと。「顕仕」は高官。
  • 『集注』に「或ひと曰く、成王の時の人、と。或ひと曰く、宣王の時の人、と。蓋し一母四乳して八子を生むなり。然れども考うべからず。張子曰く、善人の多きを記すなり、と。愚按ずるに、此の篇孔子の三仁、逸民、師、八士に於ける、既に皆称賛して之を品列し、接輿でき、丈人に於いて、又毎に惓惓として接引するの意有り。皆衰世の志なり、其の感ずる所の者深し。陳に在るの歎の、蓋し亦た此のごとし。三仁は則ち間然すること無し。其の余の数君子の者も、亦た皆一世の高士なり。若し聖人の道を聞くことを得て、以て其の過ぐる所を裁して、其の及ばざる所を勉めしめば、則ち其の立つ所、豈に此に止むるのみならんや」(或曰、成王時人。或曰、宣王時人。蓋一母四乳而生八子也。然不可考矣。張子曰、記善人之多也。愚按、此篇孔子於三仁、逸民、師摯、八士、既皆稱贊而品列之、於接輿、沮、溺、丈人、又毎有惓惓接引之意。皆衰世之志也、其所感者深矣。在陳之歎、蓋亦如此。三仁則無間然矣。其餘數君子者、亦皆一世之高士。若使得聞聖人之道、以裁其所過、而勉其所不及、則其所立、豈止於此而已哉)とある。
  • 伊藤仁斎は「四乳して八子を生みたる、其の事甚だあやし、恐らくは信ずべからず。只だ是れ当時人物の盛んなるを言えるのみ。陳氏れき曰えり、魯の末賢人の隠遯いんとんを記して、終うるに周の盛んなりし時賢人の衆多なるを以てせり。其れ今を傷み古を思うの心有りしか、と」(四乳生八子、其事甚異、恐不可信。只是言當時人物之盛耳。陳氏櫟曰、記魯末賢人之隠遯、而終以周盛時賢人之衆多。其有傷今思古之心乎)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「おもうに、古人偶〻たまたま古人の一二言を得て之を記せんと欲し、乃ちこれを論語篇末の空処に記す。……且つ今の俗双生をにくみ、必ず其の一を殺す。これを人情にもとずくるに、古と雖も亦た然らん。此を観れば則ち其のふう少しくまんか。君子の博物を貴ぶ所以なり」(意者古人偶得古人一二言欲記之。乃記諸論語篇末空處。……且今俗惡雙生。必殺其一。原諸人情。雖古亦然。觀於此則其風少弭邪。君子之所以貴博物也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十