>   論語   >   子張第十九   >   14

子張第十九 14 子游曰喪致乎哀而止章

485(19-14)
子游曰、喪致乎哀而止。
ゆういわく、あいいたしてむ。
現代語訳
  • 子游 ――「とむらいは、心から悲しめたらそれでよい。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子游の言うよう、「父母の喪は結局あいの真情をつくすだけのことで、それ以上の虚礼きょれいはいらぬ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子游がいった。――
    「喪にあたっては、哀悼の至情をつくせばそれでいいので、形式をかざる必要はない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子游 … 前506~前443?。姓はげん、名はえん、子游はあざな。呉の人。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子夏とともに文章・学問に優れているとされた。武城の町の宰(長官)となった。ウィキペディア【子游】参照。
  • 喪 … 親族の死を悲しむ儀礼。
  • 致 … 極める。極め尽くす。この上なく悲しむこと。
補説
  • 子游 … 『孔子家語』七十二弟子解に「言偃げんえんひとあざなは子游。孔子よりわかきこと三十五歳。時に礼を習い、文学を以て名を著す。仕えて武城の宰と為る。嘗て孔子に従いて衛にく。将軍の子蘭と相善し。之をして学を夫子に受けしむ」(言偃魯人、字子游。少孔子三十五歳。時習於禮、以文學著名。仕爲武城宰。嘗從孔子適衞。與將軍之子蘭相善。使之受學於夫子)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「言偃はひとあざなは子游。孔子よりわかきこと四十五歳」(言偃呉人。字子游。少孔子四十五歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「すれどもせいめっせず」(毀不滅性)(『孝経』喪親章)とある。
  • 『集注』に「其の哀を致し極め、文飾を尚ばざるなり。楊氏曰く、喪は其のおさめんよりはむしいためよと、礼足らずして哀しみ余り有るに若かずとの意なり、と。愚按ずるに、而止の二字、亦た微かに高遠に過ぎて、細微を簡略するの弊有り。学者之を詳らかにすべし」(致極其哀、不尚文飾也。楊氏曰、喪與其易也寧戚、不若禮不足而哀有餘之意。愚按、而止二字、亦微有過於高遠而簡略細微之弊。學者詳之)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十