>   論語   >   季氏第十六   >   10

季氏第十六 10 孔子曰君子有九思章

430(16-10)
孔子曰。君子有九思。視思明。聽思聰。色思温。貌思恭。言思忠。事思敬。疑思問。忿思難。見得思義。
こういわく、くんきゅうり。るにはめいおもい、くにはそうおもい、いろおんおもい、かたちきょうおもい、げんちゅうおもい、ことけいおもい、うたがいにはうをおもい、忿いかりにはなんおもい、るをてはおもう。
現代語訳
  • 先生 ――「人物には九つの心がけがある。見ることは、ハッキリと。聞くことは、もらさずに。顔つきは、おとなしく。身ぶりは、へりくだり。いうことは、まごころから。することには、気をつけて。わからぬ点は、どしどしきく。腹がたつと、あとがこわい。もうけごとは、不正でないかと…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子には九つの思いがある。見ることは明らかでありたいと思い、聴くことは聡くありたいと思い、顔色は温和でありたいと思い、態度は恭しくありたいと思い、言語は誠実でありたいと思い、仕事は慎重でありたいと思い、疑いは問いただしたいと思い、怒れば後難のおそれあるを思い、利得を見ては正義を思うのである」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子 … 徳の高い立派な人。人格者。反対はしょうじん
  • 九思 … 九つの思うこと。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十