>   論語   >   微子第十八   >   1

微子第十八 1 微子去之章

461(18-01)
微子去之、箕子爲之奴、比干諫而死。孔子曰、殷有三仁焉。
微子びしこれり、箕子きしこれり、かんいさめてす。こういわく、いん三仁さんじんり。
現代語訳
  • 微子は暴君から去り、箕(キ)子はドレイになり、比干(カン)はいさめて殺された。孔先生 ――「殷(イン)時代にもりっぱな人が三人はいた。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 微子びし箕子きしかんはともにいんちゅう王の無道をいさめた。微子はいさめてきかれず、去って隠棲した。箕子はいさめて獄に投ぜられ、奴隷となった。比干は極諫して死刑に処せられ、胸をかれた。先師はこの三人をたたえていわれた。――
    「殷に三人の仁者があった」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 微子 … いんちゅう王の異母兄。名は啓、または開。微子啓ともいう。紂王の暴虐を諫めたが、聞き入れられず、微に逃げ去った。周の武王に紂王が滅ぼされたので武王に降伏した。のちに殷のあとを継ぐものとして宋に封ぜられた。ウィキペディア【微子啓】参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十