>   論語   >   微子第十八   >   9

微子第十八 9 大師摯適齊章

469(18-09)
大師摯適齊。亞飯干適楚。三飯繚適蔡。四飯缺適秦。鼓方叔。入於河。播鼗武。入於漢。少師陽。撃磬襄。入於海。
たいせいく。はんかんく。三飯さんぱんりょうさいく。はんけつしんく。ほうしゅくる。とうかんる。しょうよう撃磬げきけいじょううみる。
現代語訳
  • 楽隊長の摯(シ)は、斉(セイ)の国に去った。第二楽長の干(カン)は、楚の国に去った。第三楽長の繚(リョウ)は、蔡(サイ)の国に去った。第四楽長の缺は、秦の国に去った。ツヅミかたの方叔は、河内にかくれた。フリツヅミかたの武は、漢中にかくれた。楽長心得の陽とホトギ打ちの襄は、島にかくれた。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 楽長のは斉に去った。はんかんに去った。三飯のりょうさいに去った。四飯のけつしんに去った。つづみほうしゅくは河内に逃げた。つづみは漢に逃げた。楽官補佐のようと、けい打ち役のじょうとは海をこえて島に逃げた。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 大師 … 楽官の長。
  • 摯 … 人名。楽官長。人物については不明。
  • 適 … 「ゆく」と読む。去る。
  • 亜飯 … 楽官の職名。国王の二回目の食事時に演奏する楽官。国王の食事は一日四回で、最初の食事には演奏しない。「亜」は次の意。
  • 三飯 … 楽官の職名。国王の三回目の食事時に演奏する楽官。
  • 四飯 … 楽官の職名。国王の四回目の食事時に演奏する楽官。
  • 鼓 … つづみを打つ役。鼓師。
  • 播鼗 … ふりつづみうごかす役。ふりつづみ師。「播」は、ゆさぶって鳴らす。ゆすって演奏する。
  • 少師 … 楽官補。
  • 撃磬 … 磬を打つ官。「磬」は玉や石板でへの字形に作った打楽器。「撃」は磬を打って演奏すること。
補説
  • 於 … 『義疏』では「于」に作る。
  • 鼗 … 『義疏』では「鞀」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十