>   論語   >   微子第十八   >   6

微子第十八 6 長沮桀溺章

466(18-06)
長沮桀溺。耦而耕。孔子過之。使子路問津焉。長沮曰。夫執輿者爲誰。子路曰。爲孔丘。曰。是魯孔丘與。曰。是也。曰。是知津矣。問於桀溺。桀溺曰。子爲誰。曰。爲仲由。曰。是魯孔丘之徒與。對曰。然。曰。滔滔者。天下皆是也。而誰以易之。且而與其從辟人之士也。豈若從辟丗之哉。耰而不輟。子路行以告。夫子憮然曰。鳥獣不可與同羣。吾非斯人之徒。與而誰與。天下有道。丘不與易也。
ちょう桀溺けつできぐうしてたがやす。こうこれぎ、子路しろをしてしんわしむ。ちょういわく、輿たづなものたれす。子路しろいわく、こうきゅうす。いわく、こうきゅうか。いわく、れなり。いわく、しんれり。桀溺けつできう。桀溺けつできいわく、たれす。いわく、ちゅうゆうす。いわく、こうきゅうか。こたえていわく、しかり。いわく、滔滔とうとうたるものは、てんみなれなり。しかしてたれもっこれえん。なんじひとくるのしたがわんよりは、くるのしたがうにかんやと。ゆうしてめず。子路しろきてもっぐ。ふうぜんとしていわく、鳥獣ちょうじゅうともぐんおなじくすべからず。われひとともにするにあらずして、たれともにせん。てんみちらば、きゅうともえざるなり。
現代語訳
  • 長沮(ソ)と桀溺(ケツデキ)が、ならんでたがやしている。孔先生が通りかかり、子路をやって渡し場をたずねた。長沮 ――「あのたずなを持ってるのはだれじゃ…。」子路 ――「孔丘です。」――「魯の国の孔丘か。」――「そうです。」――「あの人は渡し場にくわしいよ。」桀溺にたずねる。桀溺 ――「あんたはだれじゃ…。」――「仲由です。」――「魯の孔丘のお弟子か…。」答え ――「そうです。」――「大川の流れが、いまの世のすがたじゃよ。それをだれが変えようてんだ…。それにあんたも人ぎらいをするおかたについてるより、世間ぎらいの人についたがよくはないかな…。」と種に土をかけつづける。子路がもどってきて告げた。先生はゲンナリして ――「鳥けものとはいっしょにくらせない。わしはこの人間同士といっしょでなくてだれとくらそう。平和な世であれば、わたしが世なおしすることもないが…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ちょう桀溺けつできの二人が、ならんで畑を耕していた。巡歴中の先師がそこを通りかかられ、子路に命じて渡場をたずねさせられた。すると長沮が子路にいった。――
    「あの人は誰ですかい。あの車の上でいま手綱をにぎっているのは」
    子路がこたえた。――
    こうきゅうです」
    長沮――
    「ああ、あの魯の孔丘ですかい」
    子路――
    「そうです」
    長沮――
    「じゃあ、渡場ぐらいはもう知っていそうなものじゃ。年がら年中方々うろつきまわっている人だもの」
    そこで子路は今度は桀溺けつできにたずねた。すると桀溺がいった。
    「お前さんはいったい誰かね」
    子路――
    ちゅうゆうと申すものです」
    桀溺――
    「ほう。すると、魯の孔丘のお弟子じゃな」
    子路――
    「そうです」
    桀溺――
    「今の世の中は、どうせ泥水の洪水みたようなものじゃ。お前さんの師匠は、いったい誰を力にこの時勢を変えようとなさるのかな。お前さんもお前さんじゃ。そんな人にいつまでもついてまわって、どうなさるおつもりじゃ。この人間もいけない、あの人間もいけないと、人間の選り好みばかりしている人についてまわるよりか、いっそ、さっぱりと世の中に見切りをつけて、のんきな渡世をしている人のまねをしてみたら、どうだね」
    桀溺はそういって、まいた種にせっせと土をかぶせ、それっきり見向きもしなかった。
    子路も仕方なしに、先師のところに帰って行って、その旨を話した。すると先師はさびしそうにしていわれた。――
    「世をのがれるといったところで、まさか鳥や獣の仲間入りもできまい。人間と生れたからには、人間とともに生きていくよりほかはあるまいではないか。私にいわせると、濁った世の中であればこそ、世の中のために苦しんでみたいのだ。もし正しい道が行なわれている世の中なら、私も、こんなに世の中のために苦労はしないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 仲由 … 子路の姓名。
余説
  • 夫執輿者爲誰 … 『義疏』では「夫執輿者爲誰乎」に作る。
  • 曰。是也 … 『義疏』では「對曰。是也」に作る。
  • 辟 … 『義疏』では「避」に作る。
  • 羣 … 『義疏』では「群也」に作る。
  • 吾非斯人之徒。与而誰与 … 宮崎市定は「われひとあらず。なんじともたれくみせん」と読んでいる。『論語の新研究』364頁以下参照。
  • 天下有道。丘不与易也 … 宮崎市定は「天下の有道には、丘はくみたがわざるなり」と読んでいる。『論語の新研究』364頁以下参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十