>   論語   >   微子第十八   >   7

微子第十八 7 子路從而後章

467(18-07)
子路從而後。遇丈人以杖荷蓧。子路問曰。子見夫子乎。丈人曰。四體不勤。五穀不分。孰爲夫子。植其杖而芸。子路拱而立。止子路宿。殺雞爲黍而食之。見其二子焉。明日子路行以告。子曰。隠者也。使子路反見之。至則行矣。子路曰。不仕無義。長幼之節。不可廢也。君臣之義。如之何其可廢之。欲絜其身而亂大倫。君子之仕也。行其義也。道之不行。已知之矣。
子路しろしたがいておくる。じょうじんつえもっかごになうにう。子路しろいていわく、ふうたるか。じょうじんいわく、たいつとめず、こくわかたず、たれをかふうすと。つえててくさぎる。子路しろきょうしてつ。子路しろとどめて宿しゅくせしめ、にわとりころしょつくりてこれくらわしめ、二子にしまみえしむ。明日めいじつ子路しろきてもっぐ。いわく、隠者いんじゃなりと。子路しろをしてかえりてこれせしむ。いたればすなわれり。子路しろいわく、つかえざればし。ちょうようせつはいすべからざるなり。君臣くんしんは、これ如何いかんこれはいせん。いさぎよくせんとほっして大倫たいりんみだる。くんつかうるや、おこなうなり。みちおこなわれざるは、すでこれれり。
現代語訳
  • 子路がお供をしていておくれた。ツエでカゴをかついだ老人に出あう。子路がきく ――「先生を見ませんでしたか。」老人 ――「骨折りしごともせず、五穀の見わけもつかないで、だれが先生なんだ…。」ツエを立てておいて草をかる。子路はおじぎをしていた。子路をひきとめて泊らせ、ニワトリを殺し飯をたいてくわせ、ふたりの子どもに引きあわせる。あくる日子路がもどって、それを告げる。先生 ――「世すてびとだな。」子路にもどっていってたずねさせた。いってみるともういない。子路 ――「役につかねばスジが通らぬ。年上・年下のけじめは、すてられないもの。殿と家来の関係も、なんですれられよう。わが身だけ清くしても、だいじな関係が乱れる。人が役人になるのは、スジを通すためだ。世が世でないのは、わかっていたはず。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路が先師の随行をしていて、道におくれた。たまたま一老人が杖に草籠をひっかけてかついでいるのに出あったので、彼はたずねた。――
    「あなたは私の先生をお見かけではありませんでしたか」
    老人がこたえた。――
    「なに? 先生だって? お見かけするところ、その手足では百姓仕事をなさるようにも見えず、五穀の見分けもつかない方のようじゃが、それでいったいお前さんの先生というのはどんな人じゃな」
    老人はそれだけいって杖を地につき立てて、草を刈りはじめた。――
    子路は手を胸に組んで敬意を表し、そのそばにじっと立っていた。
    すると老人はなんと思ったか、子路を自分の家に案内して一泊させ、鶏をしめたり、黍飯きびめしをたいたりして彼をもてなしたうえに、自分の二人の息子を彼にひきあわせ、丁寧にあいさつさせた。
    翌日、子路は先師に追いついて、その話をした。すると先師はいわれた。――
    「隠者だろう」
    そして、子路に、もう一度引きかえして会ってくるように命じられた。
    子路が行って見ると、老人はもういなかった。子路は仕方なしに、二人の息子にこういって先師の心をつたえた。――
    「出でて仕える心がないのは義とはいえませぬ。もし、長幼の序が大切でありますなら、君臣の義をすてていいという道理はありますまい。道が行なわれないからといって自分の一身をいさぎよくすれば、大義をみだすことになります。君子が出でて仕えるのは、君臣の義を行なうためでありまして、道が行なわれないこともあるということは、むろん覚悟のまえであります」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 丈人 … 老人。
余説
  • 蓧 … 『義疏』では「篠」に作る。
  • 子路曰 … 宮崎市定は「路」を衍文と見ている。詳しくは『論語の新研究』98頁以下参照。
  • 廃之 … 『義疏』では「廃也」に作る。
  • 欲絜 … 『義疏』では「欲潔」に作る。
  • 道之不行 … 『義疏』では「道之不行也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十