>   論語   >   陽貨第十七   >   6

陽貨第十七 6 子張問仁於孔子章

440(17-06)
子張問仁於孔子。孔子曰。能行五者於天下爲仁矣。請問之。曰。恭寛信敏惠。恭則不侮。寛則得衆。信則人任焉。敏則有功。惠則足以使人。
ちょうじんこうう。こういわく、しゃてんおこなうをじんす。これう。いわく、きょうかんしんびんけいなり。きょうなればすなわあなどられず、かんなればすなわしゅうしんなればすなわひとにんじ、びんなればすなわこうり、けいなればすなわもっひと使つかうにる。
現代語訳
  • 子張が人道を孔先生にきく。孔先生 ――「五つのことを世におこなえたら、人道的だな。」「五つとおっしゃるのは…。」――「つつましさ・大らかさ・たのもしさ・腕のよさ・なさけぶかさ。つつましければバカにされない。大らかならば人がよりつく。たのもしければ、人がつとめる。腕のよければしごとが進む。なさけぶかければ人を使ってゆける。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子張が仁について先師にたずねた。先師はいわれた。――
    「五つの徳で天下を治めることができたら、仁といえるだろう」
    子張はその五つの徳についての説明を求めた。すると、先師はいわれた。――
    「恭・寛・信・敏・恵の五つがそれだ。身も心もうやうやしければ人に侮られない。他に対して寛大であれば衆望があつまる。人と交わって信実であれば人が信頼する。仕事に敏活であれば功績があがる。恵み深ければ人を働かせることができる」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
補説
  • 孔子曰 … 『義疏』では「孔子對曰」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十