>   論語   >   陽貨第十七   >   5

陽貨第十七 5 公山弗擾以費畔章

439(17-05)
公山弗擾。以費畔。召。子欲往。子路不説曰。末之也已。何必公山氏之之也。子曰。夫召我者。而豈徒哉。如有用我者。吾其爲東周乎。
公山こうざんふつじょうもっそむく。す。かんとほっす。子路しろよろこばずしていわく、からんのみ。なんかならずしも公山こうざんかんや。いわく、われものは、いたずらならんや。われもちうるものらば、われとうしゅうさんか。
現代語訳
  • 公山弗擾(フツジョウ)が、費の町で反乱をした。使いがくる。先生はゆく気になった。子路がイヤな顔をして ――「ゆかないがいいですよ。なんで公山さんのところになんかおいでです…。」先生 ――「わしを招くからには、よくよくだろうよ。もし使ってもらえたら、わしは東の周の国をつくろうか…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 公山こうざんふつじょうが、に立てこもってそむいたとき、先師を招いた。先師はその招きに応じて行こうとされた。子路はそれをにがにがしく思って、いった。――
    「おいでになってはいけません。人もあろうに、なんでわざわざ公山氏などのところへおいでになるのです」
    先師がいわれた。――
    「いやしくもを招くのだ。いいかげんな考えからではあるまい。私は、私を用いるものがあったら、第二の周をこの東方に建設しないではおかないつもりだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 公山弗擾 … 姓は公山、名は弗擾。季氏の家臣。費を拠点に反乱を起こした。
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
補説
  • 弗 … 『義疏』では「不」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十