>   論語   >   子張第十九   >   16

子張第十九 16 曾子曰堂堂乎張也章

487(19-16)
曾子曰。堂堂乎張也。難與並爲仁矣。
そうわく、堂堂どうどうたるかなちょうや。ともならびてじんがたし。
現代語訳
  • 曽(ソウ)先生 ――「押しだしがいいね子張は。いっしょにジミなことはできないよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 曾子の言うよう、「堂々たる大人物だいじんぶつなるかな、子張君は、しかしどうも調和的でないので、いっしょに助け合って仁をすことがむずかしい」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 曾先生がいわれた。――
    「堂々たるものだ、張の態度は。だが、あいたすけて仁の道を歩める人ではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 堂堂 … 容貌・態度が立派である。押し出しが立派である。
  • 張 … 孔子の弟子、子張のこと。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。孔子より48歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
余説
  • 前章と同じ趣旨。
  • 堂堂 … 『集注』には「堂堂は、容貌の盛んなるなり」(堂堂、容貌之盛)とある。
  • 『集解』に引く鄭玄の注には「言うこころは、子張の容儀盛んなれども、仁道に於て薄きなり」(言子張容儀盛、而於仁道薄也)とある。
  • 『集注』には「言うこころは、其の外を務め自らを高しとすれば、たすけて仁を為すべからず、亦た以て人の仁をたすくること有る能わざるなり」(言其務外自高、不可輔而爲仁、亦不能有以輔人之仁也)とある。
  • 伊藤仁斎は前章と合わせて「後世の儒者、二子の言に因りて、みだりに子張を議する者は過てり」(後世儒者、因二子之言、漫議子張者過矣)と言っている。「二子」は子游と曾子。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「ともならびてじんがたしとは、言うこころは、己をして子張と国を隣して以て仁政を行わしむるときは、則ち必ず其の下に出でん、と」(難與並爲仁矣者。言使己與子張隣國以行仁政。則必出其下焉)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十