>   論語   >   季氏第十六   >   5

季氏第十六 5 孔子曰益者三樂章

425(16-05)
孔子曰。益者三樂。損者三樂。樂節禮樂。樂道人之善。樂多賢友。益矣。樂驕樂。樂佚遊。樂宴樂。損矣。
こうわく、益者えきしゃ三楽さんらく損者そんしゃ三楽さんらく礼楽れいがくせっするをたのしみ、ひとぜんうをたのしみ、賢友けんゆうおおきをたのしむはえきなり。驕楽きょうらくたのしみ、佚遊いつゆうたのしみ、宴楽えんらくたのしむはそんなり。
  • 益者三楽 … 有益な楽しみが三つ。「楽」は古くから「ゴウ」と読み慣わし、「好む」と訳してきたが、近年は「ラク」と読み、「楽しむ」と訳すことも多い。なお、「ガク」と読めば「音楽」の意になる。
  • 損者三楽 … 損を受ける楽しみが三つ。
  • 楽節礼楽 … 礼儀と音楽をほどよく行うことを楽しむ。『集解』には「動くこと礼楽の節を得る」(動得禮樂之節)とある。『集注』には「礼楽の楽は、音は岳」(禮樂之樂、音岳)とある。
  • 楽道人之善 … 人の善行を褒め、みんなに話すことを楽しむ。「道」は言う。
  • 楽多賢友 … 賢い友人が多いことを楽しむ。
  • 楽驕楽 … わがまま勝手に贅沢をすることを楽しむ。『集解』に引く孔安国の注には「尊貴をたのみて以て自恣じしす」(恃尊貴以自恣)とある。「自恣」は、わがままに行うこと。『集注』には「驕楽、宴楽の楽は、音は洛」(驕樂宴樂之樂、音洛)とある。
  • 楽佚遊 … 怠惰で遊びほうけることを楽しむ。「佚」は『経典釈文』には「本亦作逸音同」とある。『集解』に引く王粛の注には「佚遊は、出入すること節ならず」(佚遊、出入不節)とある。
  • 楽宴楽 … 酒色にふけることを楽しむ。『集解』に引く孔安国の注には「宴楽は、沈荒淫瀆いんとくするなり。三者は、自ら損するの道なり」(宴樂、沈荒淫瀆也。三者、自損之道也)とある。
  • 『集注』には「節は、其の制度声容の節を弁ずるを謂う。驕楽なれば、則ち侈肆ししにして節を知らず。佚遊すれば、則ち惰慢にして善を聞くを悪む。宴楽すれば、則ち淫溺にして小人にる。三者の損益、亦た相反するなり」(節、謂辨其制度聲容之節。驕樂、則侈肆而不知節。佚遊、則惰慢而惡聞善。宴樂、則淫溺而狎小人。三者損益、亦相反也)とある。
  • 『集注』に引く尹とんの注には「君子の好楽に於ける、謹しまざるべけんや」(君子之於好樂、可不謹哉)とある。
  • 伊藤仁斎は「人は好楽無きこと能わず。但し善を楽しめば則ち日に益し、不善を楽しめば則ち日に損す。故に礼楽を節することを楽しめば、則ち身規矩に由りて、徳に進むの基立つ。人の善を道うことを楽しめば、則ち己を守るの心除きて、徳を尚ぶの意篤し。賢友多からんことを楽しめば、則ち敢えて自ら足れりとせずして、徳を成すの輔おおし。故に曰えり、益あるなり、と。驕楽を楽しめば、則ち恐懼する所無くして、傲り日に長ず。佚遊を楽しめば、則ち惕励てきれいする所無くして、志必ず荒む。宴楽を楽しめば、則ち貪恋する所有りて、志溺れ易し。故に曰えり、損あるなり、と。人は其の好楽する所を慎まざるべからず。大学に曰えり、好楽する所有れば、則ち其の正しきを得ずとは、非なり」(人不能無好樂。但樂善則日益、樂不善則日損。故樂節禮樂、則身由規矩、而進德之基立矣。樂道人之善、則守己之心除、而尚德之意篤矣。樂多賢友、則不敢自足、而成德之輔衆矣。故曰益也。樂驕樂、則無所恐懼、而傲日長矣。樂佚遊、則無所惕勵、而志必荒矣。樂宴樂、則有所貪戀、而志易溺矣。故曰損也。人不可不愼其所好樂焉。大學曰、有所好樂、則不得其正者、非也)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「益者三楽、損者三楽、楽は皆おんらくりく氏はおんは五教のかえし。古音に非ず。礼楽を節す。蓋し礼楽は皆節有り、以て我が身を節するなり。あん曰わく、動くこと礼楽の節を、と。之を得たり。驕楽、孔安国曰わく、尊貴をたのみて以て自恣じしす、と。佚遊、王粛曰わく、出入すること節ならず。宴楽、孔安国曰わく、沈荒ちんこう淫瀆いんとく、と。朱註に、佚遊すれば則ちまんす、と。是れ遊の字を失す。沈荒ちんこう淫瀆いんとくは、酒色におぼるるを謂うなり。三友・三楽、朱子は必ずあい対せんことを欲す。なずめり」(益者三樂。損者三樂。樂皆音洛。陸氏音五教反。非古音。節禮樂。蓋禮樂皆有節。以節我身也。何晏曰。動得禮樂之節。得之矣。驕楽。孔安國曰。恃尊貴以自恣。佚遊。王粛曰。出入不節。宴樂。孔安國曰。沈荒淫瀆。朱註。佚遊則惰慢。是失遊字矣。沈荒淫瀆。謂湎酒色也。三友三樂。朱子必欲相對。泥矣)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「孔子の申すよう、有益な楽しみが三つ、有害な楽しみが三つあります。礼儀音楽をほどよく実行実演するのを楽しみ、人の善言善行をうわさすることを楽しみ、かしこい友人の多いことを楽しむのは、有益な楽しみであります。我がままかってを楽しみ、なまけ遊ぶことを楽しみ、宴会遊興を楽しむのは、有害な楽しみであります」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。有益な楽しみが三つ、有害な楽しみが三つある。礼楽の節度を楽しみ、人の善をいうことを楽しみ、賢友の多いのを楽しむのは有益である。驕慢を楽しみ、遊惰を楽しみ、酒色を楽しむのは有害である」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十