>   論語   >   憲問第十四   >   35

憲問第十四 35 子曰驥不称其力章

367(14-35)
子曰。驥不稱其力。稱其德也。
いわく、ちからしょうせず。とくしょうするなり。
現代語訳
  • 先生 ――「いい馬は、馬力よりも、おとなしさが取りえだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「名馬というのは、日に千里を走るというようなその力をほめるのではなく、順良で悪癖あくへきがないというその徳をたたえるのじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「名馬が名馬といわれるのは、その力のためではなく、調教が行き届いて性質がよくなっているからだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 驥 … 良馬。名馬。駿しゅん。驥州が名馬の産地であったから、そう呼ばれるようになった。
  • 力 … 一日に千里も走るという能力。
  • 称 … ほめたたえる。
  • 徳 … 性質。
補説
  • 驥 … 『集注』に「驥は、善馬の名」(驥、善馬之名)とある。
  • 徳 … 『集解』に引く鄭玄の注に「徳は、調良のいいなり」(德者、調良之謂)とある。『集注』に「徳は、調良を謂うなり」(德、謂調良也)とある。「調良」とは、馬が調教されて乗り良いこと。宮崎市定は「……本来の生れつきの性質でなく、生れてから後、修養によって得られた性質のことである」と言っている(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十