>   論語   >   憲問第十四   >   37

憲問第十四 37 子曰莫我知也夫章

369(14-37)
子曰。莫我知也夫。子貢曰。何爲其莫知子也。子曰。不怨天。不尤人。下學而上達。知我者其天乎。
いわく、われるものきかな。こういわく、なんれぞからんや。いわく、てんうらみず、ひととがめず、下学かがくしてじょうたつす。われものてんか。
現代語訳
  • 先生 ――「わしを理解するものはないのか…。」子貢 ――「なんでまた先生を理解しないことが…。」先生 ――「天をうらまず、人をとがめず、俗世間から真理をつかむ。わしを理解するのは、まあ天だけか…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が嘆息していわれた。――
    「ああ、とうとう私は人に知られないで世を終りそうだ」
    子貢がおどろいていった。――
    「どうして先生のような大徳の方が世に知られないというようなことが、あり得ましょう」
    すると先師は、しばらく沈黙したあとでいわれた。――
    「私は天をうらもうとも、人をとがめようとも思わぬ。私はただ自分の信ずるところに従って、低いところから学びはじめ、一歩一歩と高いところにのぼって来たのだ。私の心は天だけが知っている」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 莫我知也夫 … 私を理解する者は誰もいない。
  • 也夫 … 「かな」と読み、「~なのかなあ」と訳す。慨嘆の語気を含んだ助辞。
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 何為 … 「なんすれぞ」と読む。どうして。なぜ。
  • 何為其莫知子也 … どうして先生を知らないことなどありましょうや。
  • 下学而上達 … 手近なことから学んで、次第に高遠な道理に通ずること。
  • 上達 … 「達」は到達の意。徳や道理を知り、高遠な問題が分かるようになる。
補説
  • 莫我知也夫 … 荻生徂徠は「世主せいしゅ、孔子を知る者無きを謂うなり」(謂世主無知孔子者也)といい、君主が孔子を登用してくれなかったことを指すといっている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 下学而上達 … 『集解』に引く孔安国の注に「下、人事を学び、上、天命を知る」(下學人事、上知天命)とある。荻生徂徠は「下は今を謂うなり。上は古を謂うなり。先王の詩書礼楽を学びて先王の心に達するを謂うなり」(下謂今。上謂古也。謂學先王之詩書禮樂而達先王之心也)といっている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十