>   論語   >   子罕第九   >   1

子罕第九 1 子罕言利章

206(09-01)
子罕言利與命與仁。
まれめいじんとをう。
現代語訳
  • 先生はめったに利益や、運命や、人道を語らない。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師はめったに利益の問題にはふれられなかった。たまたまふれられると、必ず天命とか仁とかいうことと結びつけて話された。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 罕 … まれ。ごくたまに。『集解』には「罕は、希なり」(罕者、希也)とある。『集注』には「罕は、少なり」(罕、少也)とある。
  • 利 … 利益。『集解』には「利は、義の和なり」(利者、義之和也)とある。
  • 命 … 運命。天命。『集解』には「命は、天の命なり」(命者、天之命也)とある。
  • 仁 … 最高の道徳。『集解』には「仁は、行の盛なり」(仁者、行之盛也)とある。
余説
  • 荻生徂徠は「まれう。めいともにしじんともにす」(子罕言利、與命與仁)と読み、「利益の問題はまれにしか言われなかったが、それを言うときは、天命あるいは仁とを結びつけて言われた」と解釈している。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十